2004-09-06 Mon

FIT2004開催前日

ということで京都へ。

朝は寝坊しなかったが、前日の準備が不十分だったこともありギリギリの時刻になった。そのため朝から何も食べていないのに、大荷物を抱えて全力疾走した。なんとか予定通りの電車にギリギリ乗り込んだ。しかし貧血状態に陥り、あまりに気持ちが悪くなった。吐きそうになったので、途中下車した。外の空気を吸ったら落ち着いてきた。それでも他人からは悪い状態に見えたようで、駅員から「救急車呼ぼうか?」と声をかけられた。救急車に乗ったら京都に行けないので空元気をだして駅員を振り切り電車に乗った。

新横浜駅に着くと誰もいない。O和氏は後から到着で、O塚氏は他の改札口にいた。

新幹線のホームは平日なのに人がたくさんいた。さすが朝だ。

新幹線にゆられること2時間で京都に到着した。到着して早速最終日のことを考えてお土産のラインナップをデジカメに収めた。あとでゆっくり選ぶためだ。京都駅にあるものは京都駅で買うに限る。

京都駅は超近代的で格好良い。1日中写真を取っていたい。が、昼食を食べるためにお店を探した。昼食は京都駅の地下街、Portaで食べることにした。お店は満重(まんしげ)という名前だった。おいしかった。意外にも味がしっかりしていた。京都は塩分が控えめなんてことは無いのだなぁ。気がついたことといえば、京都はランチの価格が安い。800円前後で大満足のランチを楽しめる。すばらしいことだ。

京都から地下鉄で四条烏丸に移動し、ホテルに荷物を預けた。夕方にかけて観光を楽しむことにする。

京都のマクドナルドは東京のマクドナルドと比べて色や店舗の形が違う。そのほかの店も京都の町並みを尊重するためにできるだけ目立たないように工夫されていた。始めて見た阪急デパートは大きかった。これが阪急かぁ。

平安神宮は良い雰囲気で日向ぼっこにちょうど良いと感じた。

坂本竜馬の墓は突っ込みどころ満載だった。私の先祖ではないので、あまり感情移入はできなかった。それよりも奥にあるお墓は踏み込んだ瞬間に圧力を感じた。うーむ、墓の相が雰囲気を出しているのだろうか。霊の存在などないと思っている私にとって、あの瞬間に感じた圧力は原始的な恐れに対する感覚なのだろうか。ところで、坂本竜馬の墓は裏口からは無料で入れるようだ・・・・。

清水寺は非常に楽しかった。中学の修学旅行以来だったので、当時の記憶が全く無い私には大変新鮮だった。あやかれるものには、あやかっておくか、ということで、いろいろやった。水飲んで頭が良くなるというのでな期待は一切せずに飲んだ。驚いたことに清水寺の周辺は17〜18時になると店舗が一斉に閉まる。あまりの早業にビックリした。

清水寺を出るころには、空が真っ黒で嫌な雰囲気が漂っていた。しかし雨は降らなかった。そのため鴨川のほとりにはカップルが鈴なりである。

夕食は宮元むなしという店で食べた。ご飯が食べ放題で良い感じであった。明日は朝早いのだ。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

満重@京都駅地下街porta

portaで地元の中年の方がどこに入っているかを観察した結果、人入りが良好だったので入店した。雰囲気が大変よく、手ごろな価格で、おいしい昼食がいただけた。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

お刺身定食

満重@京都駅地下街portaでいただいた。正式名称は忘れた。魚がおいしかったのが印象的だった。
評価:★★★★★☆☆・・・ランチとしては周辺のお店よりは値が張りますが文句はないです。大変おいしゅうございました。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

岡村靖幸 - Me_imi

岡村靖幸のNewアルバムが出た。しかも初回版が京都には残っていた。ということで購入。

感想だが一言で言うなら「捨て曲ゼロ!」全部おススメ。普通の邦楽として考えた場合には各曲のもつ普遍性が心を揺さぶります。おそらく10年たっても色あせることなく心に響くでしょう。岡村靖幸の曲を1曲を聴いたことが無い人には2曲目のモン・シロを聞かせましょう。メロメロになること間違いなしです。私は3曲目のア・チ・チ・チが大好きです。こんな、青春全快でお下品な曲を書ける日本人見たこと無いです。

Me-imi(初回)
Me-imi(初回)
posted with amazlet at 04.12.06
岡村靖幸
ユニバーサルミュージック (2004/09/01)
売り上げランキング: 364
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.82
5 フェスティバル&カーニバル
4 もだえて悶々。
5 暴れまくってる情熱、再び!

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |