2004-09-12 Sun

三條若狭屋_祇園ちご餅

なかなか厳重な包装を解くと、薄く色づいた餅があらわれる。竹串を手に持つと、米と水飴が混じった餅菓子の甘い香りがする。求肥(ぎゅうひ)で白味噌餡を包み、その周りを乾燥した餅を砕いた粉でコーティングしている。きらきらした見た目で食欲をそそる。一口食べると、控えめだけどしっかりした餅の歯ごたえと求肥という繊細な素材を壊さない程度に加減された絶妙な味と量の白味噌が混ざりあう。広がる味は奥ゆかしい上品な味わいだ。緑茶とも良く合う。求肥と白味噌だけでは、とろけるだけだが氷餅の感触が全体を引き締めている。押しも引きもしない、まったり菓子だ。たいへんおいしゅうございました。
評価:★★★★★☆☆・・・京都駅でも購入可能だ。間違いなくおいしいですが、パンチが弱いかもしれない。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |