Debian GNU/Linuxをインストール

Debianのメリットは安定性


 唐突ですけど、Debian Linuxをインストールして使うことにしました。

 奥村研究室の備え付けPCはDebian Linuxがインストールされています。
 なので、環境を知り尽くすにはOSから使ってみる必要があります。

 いろいろ調べると、Debianと他のLinuxディストリビューションとの大きな差は、安定性の一言に尽きるようです。
 もちろんaptによるパッケージ管理も大切ですけど、カーネル性悪説の立場で開発されていることが、私にはもっとも印象的でした。

あ、sargeにしよう


 で、Debianをインストールするために調べ物をしていると、Debianには「woody」と「sarge(テスト版)」があることが判明しました。

Debian 「sarge」リリース情報

Debian 「sarge」リリース情報
woody の次の Debian のメジャーリリースのコードネームは、「sarge」です。このリリースは、バージョン「3.1」になる可能性が高いです。このリリースは woody のコピーとして出発し、現在は「テスト版 (testing)」の状態にあります。


 testingは、unstableよりも致命的なバグがなく、安定しているということだそうです。ただし、testingはタイムリーなセキュリティアップデートがおこなわれないのだそうです。サーバー機にインストールする場合はtesting状態のsargeではなく、woodyを使うべきということでしょうか。

 で、sargeはインストールシステムを「debian-installer」というものに一新し、さらにGCC 3.3、Perl 5.8やXFree86 4.3のような新しいバージョンの採用を目指しています。今後を考えると練習用にインストールするのはsargeの方が良さそうです。

いざ、sargeインストール・・の前に調査


 じゃ、インストールするべ、ということでsargeの公式CDイメージをダウンロードする。isoイメージの容量が645MByteなので200kByte/secで1時間近くかかるみたいですorz

イメージをダウンロードし終わったので、さっそくイメージを焼いてインストール開始。とくにつまづくこともありませんでした。
さんざん迷った末にDisk1のみをインストールした。で、明日につづく。

debian linuxを検索


Google 検索: debian linux

【関連記事】
Debian -- Debian 「sarge」リリース情報
Debianインストールガイド ディスクのパーティショニング

【関連リンク】
Debian Linux : sarge(テスト版(testing)ディストリビューション)の公式CDイメージ


投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |
blog comments powered by Disqus