2005-07-04 Mon

論文の読み方、探し方

研究が得意であったり、生活の一部になっている方は
自分とどのように論文の読み方、探し方が違うのかを調べて見よう、
ということで、まずは高村さんに

「高村さんは論文をどうやって読んでますか?」

と質問してみました。

ちなみに論文を探すためには、hogefugaを使って・・ということではなく
サーベイをする際の意識や精神論が聞きたいわけです。

間が抜けた質問でしたけど、高村さんは丁寧に回答してくださいました。

 1、調べたいことについてサーベイして論文を探す。
 2、主要な論文から50個程度を一気に流し読みする。
 3、流し読みする間にキーワードを見つける。
 4、これは!と思う論文を精読する。
 5、数式などは導出過程を含めてTeXなどで電子化しておく。
 6、見つけたキーワードでサーベイ開始(1にもどる

なるほど、調べる量と電子化する習慣の積み重ねが
大切なことの一つなのかもしれません。早速、少しづつやります。

ちなみに高村さんは常に3~4個の研究を回しながら行っているそうです。
研究生活をしていても、研究に変化をつけることができるなら
気分的に追い詰められる可能性を減らすことができるという好例ですね。

[2005-07-05]:訂正&追記 → この付近の文章を訂正&追記しました。
 # 高村さんから直接訂正が入りました。誤解を生むので文章を差し替えます。
 # 以後この種の記事は、できるだけ御本人に確認いただいて掲載するように
 # いたします。誤解を生む表現でご迷惑をおかけ致しました。

高村さんは考案した方法の10個のうち9個くらいポシャるつもりで
研究に取り組んでいるそうです。凹むことも無いそうです。
私は10個研究して9個ポシャったら・・・こっそり泣くでしょうね。
そこで休まず研究し続けるところが高村さんのすごいところだと感じました。

論文の探し方については、特定分野の研究に手を付け始めた際には
学会を絞って論文を探すことが、一つの戦略だそうです。
なるほど。特定の分野全体を見回すよりは狭くて探しやすいですね。

また、自分で学んだ、少し深めの話題についてはチュートリアルとして、
他人に公開できる状態にテキスト化しておくのが良いそうです。
そのテキストが論文の種にもなるし、他人の糧にもなるのだそうです。
確かに。

ためになりました。ありがとうございました。

【関連リンク】
論文の読み方・探し方



論文を書くうえで役に立ちそうな本を探してみました。
『理科系の作文技術』はオススメで必読です。

大学生のためのレポート・論文術理科系の作文技術論文の書き方マニュアル—ステップ式リサーチ戦略のすすめ伝わる・揺さぶる!文章を書く

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

かつやのカツカレー

夕方におやつでも食べに行こうか、ということになり
blog組でカツカレーを食べに行きました。

始めは生協食堂に行ったのですが、今日はカツカレーがありませんでした。

そこで、藤木さんが『かつや』まで連れて行ってくれました。

実は、かつやに入ったの初めてです。ツイてます。

でもカメラ忘れてしまいました。

肝心のカツカレーは、カツが熱々で美味しかったです。

【関連リンク】
とんかつ かつや

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

虫が見境い無い

奥村研究室の流しにある三角コーナーから大量の蝿が発生しました。

どこにでも止まる蝿に対してM本氏が一言。

「虫が見境い無い!」

あまりに気になったのでGoogleで検索して見ました。

虫が見境いない

おお、0件です。

こうして今日も新しい日本語が世の中に放流されましたとさ。

【関連リンク】
蝿取草 (ハエトリソウ)

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

ガンダム トゥルーオデッセイ

『ガンダム トゥルーオデッセイ』が売り切れ店続出みたいです。
Yahooオークションでも高値を記録しているようです。

でも、I田氏に「新しく出たガンダムのRPGどう?」と聞いたら
「ぜんぜん知らないです。」と言われてしまいました。
ガンダムマニアの間では微妙な存在なのでしょうか。

まったく新しいストーリーは新規顧客を開拓する意味で
また、新しいガンダムを見るうえで、重要なのかもしれません。

私の大好きな、あきまんが絵を描いているので宣伝しときます。



【関連リンク】
ITmedia Games:ガンダムで冒険する「ガンダム トゥルーオデッセイ」は“ガンダムRPG” (1/2)

25年に渡るガンダムの歴史に新たなジャンルを切り開く“ガンダムRPG”が発売される。その名も「ガンダム トゥルーオデッセイ~失われしGの伝説~」。既存のイメージをどこまで払拭できるか、その真価がまもなく明かされる。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

3分間日記 - 日常を記録することが夢実現への近道

[2005-07-04-1]の七夕の短冊には、とくに女性が足を止めています。

女性の願いがかなうサービスへの需要は、相変わらず高いようです。

私の経験だと、夢は口に出すと叶う可能性が上がります。
日記やブログも効果が高いです。

夢の実現には、願望と、願望を管理するキッカケが必要なのだなと
最近、薄っすらと実感しています。

みなさんも是非、ブログや日記、日常のメモ化を始めてください。

3分間日記—成功と幸せを呼ぶ小さな習慣
3分間日記—成功と幸せを呼ぶ小さな習慣

【関連リンク】
山下たつを氏 - いつでもどこでもメモしたい

私には、いつでもどこでも思いついたら即メモしたいという要求がある。


横着プログラミング 第1回: Unixのメモ技術
山下氏は試行錯誤の末に ChangeLog形式でメモを取るのがよろしい、という結論に辿りついた。そんなわけで、私は氏から伝授された ChangeLog形式でメモを取っている。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

七夕の短冊募集締め切り

月曜日になったら、[2005-06-30-1]で見かけた八王子みなみの駅の
七夕短冊募集コーナーが撤去されていました。

みんなの願いがかなうと良いですね

ま、これだけ短冊が集まれば十分・・・というか限界ですね。

【関連リンク】
祭り彩時記 7月 七夕祭り:るるぶ.com

関連エントリ

[2005-07-04-2] 3分間日記 - 日常を記録することが夢実現への近道
[-] 1
投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |