前の日 / 次の日 / 2005-08
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2005-08-30 Tue

日々の成功と失敗を記録しつづけてみる

先週からD・カーネギーの『道は開ける』を付箋紙をつけながら読んでいます。
付箋紙をつけながらの読書は数週前から始めた習慣の一環です。
たつをさん田口さんがやっているのを見て、真似することにしました。

道は開ける 新装版
道は開ける 新装版
powered by amagami at 2005.8.30
デール カーネギー, Dale Carnegie, 香山 晶
創元社(1999/10)
おすすめ度: 4.7
単行本(ASIN:4422100521)
Amazon.co.jp ランキング: 2,255位


実は『道は開ける』を本気で読むのは2回目です。
でも繰り返し読んでいなかったので、内容の多くは忘れてしまっています。

読み進めているうちに、いろいろ不安にかられました。
近頃、日々の生活に追われて自分自身の能力が向上していないような気がします。

こういう停滞期には、リズムが崩れない程度で生活に変化をつけると
生きること自体が気分転換になりますし、発見もあるものです。

せっかくの機会だし何か新しい習慣を身につけたい、と思ったので
1週間前から『道は開ける』に書いてあることを使って

『自分の関わった出来事を思い返して、成功と失敗を記録し続ける』

ことを始めました。


自分自身で、その瞬間にどんなにくだらないと思うことでも
とりあえず成功と失敗に振り分けて記録を付けます。

良かったころは成功に、もっと良い方法がよぎったら失敗としています。

昨日の成功リストを見たら、その中に

・ゴミを拾ってゴミ箱に入れた

などのように、首をかしげるようなことも書いてあります。

でも、これでいいんです。
今後、高品質の成功が増えればしめたものなのです。

失敗を繰り返していたら、改善するために対策を練るべきです。
どんなに小さくても成功を積み重ねれば、生活が変化しているはずです。


実際に記録をつける際には、データ管理をパソコンでおこなうと楽です。

でも、筆記具を手に持ってノートや手帳に書けば、
パソコンよりも脳に与える刺激を増やせそうです。

パソコンにしろ、紙にしろ大切なことは

『リストを定期的に繰り返し読み返し続けること』

です。繰り返し読まなかった文章は定着しないでしょう。


私は、成功も失敗もChangelogに書いてしまいます。
そして、すぐ改善しないといけないことは紙に書いて張り出します。
# 最近は『早起き』って書いてあります。だんだん早起きになっています。


今日は、失敗リストに『ブログを更新できなかった』が連続していたので
隙間時間でブログを更新してみました。

そして成功リストに『ブログを更新できた』と書くわけです。

たいしたことないですけど、成功リストが増えると気持ちいいです。


私はハンディーカーネギー・ベストに含まれる文庫版の『道は開ける』が好きです。
とても小さくて軽いので、かばんに入れっぱなしにしています。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |