TOEICテスト900点・TOEFLテスト250点への王道

本屋で斜め読みをしたときに、何となく心に引っかかったので購読しました。
で、先日、半分ちょっと読み終わりました。今は付箋紙でバサバサになってます。
今、私は「これ以上読んでも効果が低いな」と思っています。
なぜかと言うと後半は、実際にTOEIC・TOEFLの学習が進まないと意味不明だからです。

なかなか良い本だな、と思ったので、紹介したくなりました。

『はじめに』から数行を引用しながら、この本の特徴をあげてみますね。

何ヶ月も勉強していても点がとれないという人を多く目にする。なぜだろうか。それをこの本で詳しくお伝えするのだが、勉強時のテンション、点数を取ることに対する執着心、そして本番前の過ごし方や試験会場での集中力もさることながら、まず勉強方法や勉強内容そのものに問題があるのではないか。


この本は『英語に向かい合う際のメンタル面』と『効率が良い英語力の取得法』について、
述べており、分かりにくい精神論を、ときには同じ内容を言葉巧みに
言い換えて繰り返しながら、分かりやすく解説しています。
また、学習法については、かなり踏み込んで詳細に解説しています。

この本は賛否両論あるようです。

ただ、私が最近考えていたことが書いてあったこともあり
筆者の意見に共感できましたし、文体も私の体質に合いました。
筆者が文中で推薦している参考書が、私の好みだったことも
好印象につながっています。

僕の提案する勉強方法は楽しい。おそらく勉強をはじめていくと、ある時点から前のめりにノリノリなっていくだろう。


この本の核は、筆者がTOEICテストで900点、TOEFLテストで250点を
取るために行った勉強法が体験談をもとに述べている点です。
ですので、勉強法の本質を掴んで応用しながら実践しなければ
せっかく、読んでも半分以上無駄になると感じました。

文章内で推薦されている参考書を購入する必要はありません。
読者が「自分の使う参考書が何故有効なのか」を分かっていればOKです。
リスニングについては、MDやテープを使うことが例として挙げられています。
また教材も一般的なCD教材から、CNNニュースや映画まで幅広く推薦されています。
この本で述べられている理由と同じように、効果的な理由を見出せれば
MDをiPodに、CNNニュースをCNNのポッドキャストに置き換えられます。
お気に入りの教材を使うことがストレスフリーへの第一歩ですからね。

また、肝心の勉強法は、覚悟完了していれば何も問題ありません。
基本は『暗記と繰り返し』です。それもスポ根系のノリです。
それを分かりやすくオブラートに包んで解説しています。
読者は、解説されている手法を上手に日々の学習に取り入れれば良いのです。

英単語や文法、英作文の暗記と繰り返し学習については、
「いやぁ、暗記って大切だよね(血肉になるという意味で)」
と、英語論文を読んでいるときに感じていました。
この本は、暗記について大量にページを割いています。
その点に私は心を打たれました。

また、この本は随所に達成感を得るための工夫について述べています。
読者が勉強中に、記述されている内容以上の工夫をすれば
大きな達成感を得られるでしょうし、学習効率が上がりそうです。

最語に筆者の体験談を引用します。

目標スコアは結構あっさりと取れた。エベレストに思えた山は、実は高尾山だった。


なるほど。

実際の効果や内容の真偽については、実践しなければ分かりません。
早速、今日から提案されている勉強法を実践して、経過をたまに報告します。
また年内にテストの結果を一度報告しようと思います。頑張らねば。
# ネットで読む限り、この本の効果は上々のようですね。

TOEICテスト900点・TOEFLテスト250点への王道
杉村 太郎
ダイヤモンド社(2001/06)
おすすめ度: 4.44
単行本(ASIN:4478980470)
Amazon.co.jp ランキング: 2,355位


ま、これで英語が上達すれば儲けものですよ。


投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |
blog comments powered by Disqus