2006-07-08 Sat

もつ鍋

後輩のO氏が、もつ鍋を作ってくれた。

もつ鍋

キャベツ、にら、もやし、モツとシンプルな具だったけれど、
とてもおいしかった。ごちそうさまでした。

もつ鍋もつ鍋

ちなみにビール工場で購入した、きゅうりのビール漬けは、
かなり自然な材料で作られていて、優しいお味の漬物でした。

きゅうりのビール漬け

私以外は日本酒を飲んでグダグダになっていた。
Oさんは終電を逃したらしい(笑

また飲みましょう。

投稿者:としのり  日時:19:55:59 | コメント | トラックバック |

東府中 カフェ・ド・ジェノワーズ

通りがかったお店のケーキがおいしそうだったので購入。
店の雰囲気に負けた。

カフェ・ド・ジェノワーズカフェ・ド・ジェノワーズ

カフェ・ド・ジェノワーズのケーキは、
クリームの味がほど良くて、お茶なしで食べることができた。

おすすめですよ。

投稿者:としのり  日時:18:40:59 | コメント | トラックバック |

サントリー 武蔵野ビール工場に工場見学に行ってきた

今日の散歩の目的地はサントリーの武蔵野ビール工場だった。
工場の入り口は土曜日だからか、閑散としている。

サントリー武蔵野ビール工場サントリー武蔵野ビール工場
ところが、見学ルートの入り口に入ると人が沢山。

サントリー武蔵野ビール工場

プレミアムモルツがすごいということが展示してあったり、
おみやげコーナーがやけに充実していたりする。
まだ、見学コースに入っていないのに楽しい。

サントリー武蔵野ビール工場サントリー武蔵野ビール工場

気になったお土産は、オリジナル素焼きカップ。
このカップはきれいに洗える自信がない(笑

サントリー武蔵野ビール工場のおみやげマグカップサントリー武蔵野ビール工場のおみやげマグカップ

30分ほど待ってから見学開始。

サントリー武蔵野ビール工場

あっちがビールの出荷所だそう。

サントリー武蔵野ビール工場

見学コースの最初は、ビールの原料に関する解説。


最初は水の説明がおこなわれた。

サントリー武蔵野ビール工場

深層地下水を独自にくみ上げているから、
かなり高い確率で丹沢山系の恩恵を受けているんですよ、
というのがサントリーの主張だった。

この辺の曖昧さが水系の「系」に表れているのだと思う。
とはいえ、話には概ね納得。まぁねえ、という感じ。

サントリー武蔵野ビール工場

深層地下水は地層を染みていく間で空気に触れない。
また不純物がろ過されて、成分的に安定する。
さらに、地層から染み出したミネラルで味が良くなる。
安定してミネラル分豊富な水は、酵素や酵母を活性化するので、
できあがるビールの味が、より、後味すっきりになる。のだそう。

サントリー武蔵野ビール工場サントリー武蔵野ビール工場

次に大麦の説明。

大麦を生でボリボリ食べることができる。
この大麦が意外にも甘くておいしいので驚いた。

サントリー武蔵野ビール工場サントリー武蔵野ビール工場

麦が美味しすぎて、話を聞いていなかった(笑

ちなみに見学者は、ざっと100人くらい。
サントリービールの工場見学は、かなり人気のようだ。

サントリー武蔵野ビール工場

次にホップの説明があった。

サントリー武蔵野ビール工場

このときに見ることができるホップは、
生のホップを固形状に圧縮してあり、
匂いも良い香りというよりも、嫌な匂いに感じた。

キリンビールの工場見学では生のホップの香りを
確かめることができて、
さらに大人な香りだったので、
固形のホップは残念だなと思った。

さらに具体的な製法の話がおこなわれた。

スピーカーの位置の関係で話があまり聞こえなかった。
けれど、パワポを見ていると何となく分かりますね。

サントリー武蔵野ビール工場サントリー武蔵野ビール工場

タンクから出るパイプがすべて角ばっていないことが、
ビールのおいしさにつながるのだそうだ。
たしかにパイプがすべて角丸。

サントリー武蔵野ビール工場

さらに仕込釜などなどを、付きっ切りで管理している人がいるそうだ。

サントリー武蔵野ビール工場サントリー武蔵野ビール工場

こんなに沢山の機械があるけれど、
椅子の数は少ないところを見ると、トラブルは少ないのかも。
ビールの製造は技術の発達で安定して行われているってことか。

その後は醸造タンクを見た。タンクが並ぶ姿は壮観だ。

サントリー武蔵野ビール工場

麦汁を約10℃に冷却し、酵母を加えて発酵。
およそ1週間で、麦汁中の糖分はアルコールと炭酸ガスに分解され
「若ビール」というものになるらしい。ヤングビールですかね。

若ビールは貯酒タンクで、約0℃の低温で約2週間貯蔵するそうだ。

ろ過器の中身も見ることが出来た。

サントリー武蔵野ビール工場サントリー武蔵野ビール工場

ろ過に使われるミクロフィルターの紙は、かなり薄くてツルツルしている。
手がスパスパ切れそうだった。

サントリー武蔵野ビール工場サントリー武蔵野ビール工場

フィルターの交換とか、大変そうで考えたくないなぁ。

サントリーは環境にも気を使っているみたい。

サントリー武蔵野ビール工場サントリー武蔵野ビール工場

ビールを1缶作るために8倍の水を使うというのは、衝撃的な事実。
紅茶のようにはいかないですね。

一番面白かったのは、まだ封をしていない缶を見れたこと。

サントリー武蔵野ビール工場

蓋をはめて、巻き込むようにするらしい。
溶接や接着は一切していないそうだ。すごいなぁ。

サントリー武蔵野ビール工場サントリー武蔵野ビール工場
サントリー武蔵野ビール工場サントリー武蔵野ビール工場

最後に出荷に必要な箱詰めに使う機械を見る。
缶にビールを充填して密閉したら、一気に箱詰めなんですね。

サントリー武蔵野ビール工場サントリー武蔵野ビール工場

箱詰め用のベルトコンベアーは、一本のベルトで構成されておらず、
複数の細かいベルトがそれぞれ別のスピードで動作していることに
驚いた。

サントリー武蔵野ビール工場

さて、お待ちかねの試飲。

サントリー武蔵野ビール工場サントリー武蔵野ビール工場

広いホールで、入れたての生ビールを試飲できるなんて幸せ。

サントリー武蔵野ビール工場 試飲コーナー
サントリー武蔵野ビール工場 試飲コーナー

試飲は3杯まで飲める。
でも制限時間が短い。短時間に3杯飲んだら、
良い具合に良いが回って気持ちが良かった。

一杯目のプレミアムモルツは、香りが鋭くてシャッキリした味。
味と香りが濃いけれど、まったくしつこくない。うまい。

サントリー武蔵野ビール工場

二杯目のモルツはプレミアムモルツとは全然違う味。
味と香りが程よく、最後までおいしい。

サントリー武蔵野ビール工場

三杯目はプレミアムモルツを再度飲んでみた。
驚くべきことに3杯目のプレミアムモルツは甘かった。
甘い味と香り。個人的には3杯目のプレミアムモルツが一番おいしかった。

Webで優待クーポンを印刷していたので、最後にお土産をもらえた。
もらえたものは、おみやげコーナーで売っているものと同じグラスだった。

モルツこだわりタンブラー、というらしい。

サントリー武蔵野ビール工場

このおみやげは、クーポン1枚で2つだけもらえる。
3人以上で遊びに行くときは2枚印刷しよう(笑)

試飲中は、モルツこだわりタンブラーを使った、
「缶ビールを美味しく入れるメソッド」が披露されていた。

思うに、このメソッドはビール工場で売っているタンブラーが無いと、
使えない気がする。
逆に言うと、このタンブラーがあれば泡の細かいビールが気軽に飲める。

ということで、大満足のサントリー武蔵野ビール工場でした。
毎月遊びに来ても良いと思うくらい楽しめますし、
私の狭い視野では見えなかった面白いことが沢山あるはず。

おみやげコーナーの「きゅうりのビール漬け」は、
おいしい漬物でした。おすすめ。

また行くぞ。と。

投稿者:としのり  日時:15:32:59 | コメント | トラックバック |

府中競馬場の前を歩いた

外があまりに暑いので、ひとやすみしてから活動開始。

東府中から少し歩くと、府中競馬場が見えてきた。
府中競馬場の前の道路は競馬場通りと言う名前だった。

府中競馬場府中競馬場

府中競馬場の前は土曜日だからか、人通りも車も少なく、
散歩道として最適だった。

府中競馬場

飲み屋が立ち並ぶ場所もあって、
かなり心引かれたのだが無視して歩き続けた。

府中競馬場府中競馬場

投稿者:としのり  日時:14:58:59 | コメント | トラックバック |

東府中 やけに安い自動販売機

府中競馬場方面に移動中に、駅周辺で発見した
自動販売機で売っているドリンクが安かった。

自動販売機自動販売機

オロナミンCの自動販売機での定価が100円だったのは、
いったい何年前だったかな。覚えていないや。

投稿者:としのり  日時:13:13:59 | コメント | トラックバック |

東府中 モスバーガー

昼食はモスバーガーで食べた。

モスバーガー

店内は床面積の割に席が多い。
しかも駅周辺に気軽に入れる店が少ないので大盛況。
気のせいか酸素が薄くて息苦しい。

おこめバーガーの海鮮かきあげと、
チキンマスタードを食べた。

モスバーガーモスバーガー

海鮮かきあげが、とくに美味しかった。

投稿者:としのり  日時:12:49:59 | コメント | トラックバック |

東府中 ゲームセンター ピェロ

昼ごはんをどこで食べようか迷っていたら、
レトロゲームが置いてありそうなゲームセンターを発見。

ピェロピェロ

でも、中にあるゲームのうち一番古いのはD&Dだった。
1996年か。

投稿者:としのり  日時:12:28:59 | コメント | トラックバック |

東府中 スンガリー飯店

東府中駅の前にある、不思議な名前の中華料理屋。

スンガリーは「スンガリー、スンガリー、ス・・」と10回言ってもやっぱりスンガリー。
奇抜で言いやすい名前って良いですね。

スンガリー飯店

昼飯に中華料理を食べる気にならなかったので中には入らず。

投稿者:としのり  日時:12:20:59 | コメント | トラックバック |