前の日 / 次の日 / 2007-07
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2007-07-09 Mon

輪講用のスライドづくり

夕方から輪講用のスライドを作り始めた。
眠くて眠くて寝るまでに半分近くまで作れたので、
明日のお昼前には作業が終わる見込み。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

マクドナルド エビバーガー

今日の夕食はマクドナルドのエビバーガー。

2回目にして飽きた。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

やったほうが良いの意味

世の中には「やれ」「やれよ」「やろうよ」と自分の考えを押すのではなく、
「やったほうが良いかも」「私ならやるな」などのように、
控え目な表現や、間接的な表現で、やるべきことを示唆する人がいる。
私はどちらかというと、直接的な表現で自分の意見を言わない。

そういう直接的な表現をしない人が発する情報は、
キャッチできる人とできない人がいる。
ちなみに私は雰囲気を読まないというか読めない傾向があるので、
自分は間接的な表現をする割に、直接的な表現をしてもらえると助かる。

とはいえ、なかなか自分好みの表現でアドバイスしてくれる人はいない。
また、間接的な表現はどのくらい本気でpushしているのかが分かりづらい。
間接的なアドバイスを的確に聞くためにはどうすれば良いだろうか。

間接的なアドバイスを的確に捉える方法の一つが言い換えだ。

相手の発言が間接的な表現で、どのくらい本気かが分からないときには、
「それは、[間接的な表現を直接的な表現に言い換え]ってことですか?」
と聞き返すのが非常に効果的だ。

たとえば、ラーメンマニアの友人から、

「あ、そのラーメンは最初にスープを飲んだ方が良いよ」

と言われたら

「それは、このラーメンは最初にスープを飲め!飲まないと頼んだ意味無
し!ということ?」

などろ聞き返してみると良い。
そのように言いかえをすると、相手の本気度を取り違えている場合には

「いやいや、意味ないってことはないけれど、最初に飲んでおくとスープ
だけの味を楽しめて僕はお得な気分になるよ。」

と、アドバイスの意図まで付けて返してくれたりする。

これって普通の雑談ですよね。

自分が面倒だ、手を付けたくない、と思っていることについて
間接的なアドバイスを受けたときには、なかなか聞き返せないものです。
でも、できる限り相手の意見を聞いて、考える材料を増やしたいものです。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

さわらの立田揚げ

ハンバーグにしようか悩んだ末に、魚を食べようと思い
さわらの立田揚げを頼んだ。

これは意外とおいしい。さわらの身がやわらかくてホクホク。
ごちそうさまでした。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |