前の日 / 次の日 / 2008-03
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2008-03-24 Mon

面白いブログ記事ってラジオっぽい気がする



戯れ言度が普段より高いエントリを書いてしまいましたが公開。

結論:ブログを書く際にラジオの良さを考えることに、より面白い記事を書く技術の一端があるような気がする。

お昼ご飯を食べているときに、ふと、面白いブログ記事の一部は、
パーソナリティのトークが売り物のラジオ番組と同じような情報のスロットを
埋めるようにして書かれていることが多いような気がしました。

情報のスロットの例としては、以下のようなものが考えられます。適当ですが。

- 実物が見たことが無い人に、見た目や感触や状況を説明
- パーソナリティの感想を感覚的、感情的、説明的に伝える
- 他の人の発言を、伝聞や録音などで引用する
- ニュースも流す
- 時事性や臨場感を大切にする
- 音楽などを使い番組の印象を作る
- トークの合間に音楽を流す
- 連絡先は機械的に正確につたえる
- ゲストも呼んで、いろいろ聞きまくる
- 特集を組んで、テーマにそって話す
- 投稿も受け付け、紹介する

これらのスロットを、ブログにどのようにマッピングするかは、個人の感覚次第だとは思います。
ラジオは一つのラジオ番組に数人のパーソナリティが入れば良いし、
スピーカーの向こう側に誰がいるか分からないし、
みたいな状況も、ブログとすごく似ている気がするのです。

今まで僕は、ブログメディアという言葉に寒気を覚えていましたが、
おもしろいブログほどメディアに近づいているのは確かなのかも。

ブログはラジオと違って、気軽に繰り返し読むことができるし、聴覚中心ではなく視覚中心です。
ラジオの方がパーソナリティの感情が伝わりやすそうですね。

ブログとラジオは接種できる情報の質は全然違うと思いますが、
ブログを書き物として扱うのではなく、ラジオのようにも伝える方向に、
より面白い記事を書く技術の一端があるような気がしたのです。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

はてなの「広告商品のご案内」はちょっと面白い



はてなの「広告商品のご案内」はちょっと面白いので、
一読しておくと良いですよ。

- 2008年4-6月版「広告商品のご案内」をリリースしました
-- http://hatenasales.g.hatena.ne.jp/hatenasales/20080225/1203939541

本日、はてなの2008年4~6月版広告媒体資料をリリースしました。 おかげさまで、2008年1~3月はPC版で殆どのメニューが満稿となりました。心よりお礼申し上げます。



何をもとにした統計なのか、母数はいくつなのかなど、
疑問が湧くので、どこまで信用すれば良いのか迷いますが、
それはは、さておき、素直に受け止めてみると、面白い読み物です。

たとえば、ユーザー属性について見てみると、
未婚、子供無し、一戸建てを所有して無いと3条件揃っている人の割合が、
少ないのかもなぁ、と軽い焦りを感じたりします。orz。

ユーザー属性2

- 比較的高学歴で技術職が多いという特徴があります。
- 既婚・子供あり、一戸建て所有者が半数を占めるなど、20歳前後が多いCGMサービスの中では比較的年齢層が高いといえます。



個人的には主婦ユーザが2割近くいることに衝撃を受けました。
そんなに主婦ユーザが居たのかっ。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

Catalystアプリを作る際のポリシー


Catalyst は Perl の Web アプリケーションフレームワーク。
そのため、

- ひな形からアプリを作る際の自由度
- Perl である故の自由度

のような自由度が絡み合って、
クールで、より多くの部分が再利用可能な、
開発、運用時にトラブルの少ない開発ポリシーは、
未だに「コレ!」というものが、あんまりないですよね。

先日というか、結構前におもしろかったのは、typesterさんの記事。

- Catalystアプリオレオレポリシー
-- http://unknownplace.org/memo/2008/02/29#e002

camr作った時点での僕のポリシーは

1. アプリ名にかかわらず設定ファイルはconfig.yamlとconfig_local.yaml
2. でも変更することがないほとんどの設定はyamlには書かない。yamlがごちゃっとするときもい
3. ForceUTF8系モジュールは使用しない。内部がきちんとutf8で統一されていれば必要ない。
4. MyApp::UtilsとかいうのでいろいろBKなことをまとめてする。uri_forを気に入るように直したり、FillInFormの挙動変えたり


この記事のブクマコメントにikebeさんが

俺は MyApp::Context って名前で BK まとめてるな。


とコメントしていたのを見ました。

Contextという単語は、僕の頭では「文脈、脈絡」みたいな感じ。
ちょっと考えると、かなりガッチリはまったモジュール名ですね。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |