前の月 / 次の月 / トップページ
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2008-04-05 Sat

chumby 個人輸入の現状


chumbyを輸入しようと頑張っているのですが、
最近進捗を話していないのでお話しますね。

現状では、輸入代行業者を2回変え、個人輸入ではなく
ビジネス目的で輸入しようとしています。
いまはchumbyが中国から日本に送られようとしているころだと思います。

外国から輸入する上で覚えておくべきことはいくつかあります。
割と知らないことが沢山あったのでまとめておきますね。

何かを輸入しようと思ったときには


以下に書いてあることは、自分自身でも良く調べて検証してください。

何かを輸入したいときには、とにかく、一番最初に税関に電話をして相談。


実はこれが一番重要。まずはお電話で。

輸入代行業者の知識は正しいとは限りません。

輸入代行業者の説明は必ず必要十分だとは言えません。

税関の職員に相談し、輸入可能かどうかを相談することや、輸入の途中で起きた疑問なども全部相談すると良いでしょう。


ちんぷんかんぷんなことを言っている輸入代行業者は即切りましょう。

個人輸入は輸入物の所有者がハッキリしている輸入。

ビジネス目的の輸入は、販売目的の輸入。


5個以上のものでも、1週間に1回、5個づつ輸入すれば、個人輸入できますね。

5個より多い同一物を同時に輸入しようとすると、個人輸入扱いではなくなります。

5個より多い同一物を個人輸入扱いにするためには、複数の所有者の存在を証明する必要がでてくるかもしれません。

5個より多い同一物の所有者を証明するのがウンザリする状況の場合には、ビジネス目的で輸入した方が良いでしょう。


即、手に入れたいなら、あきらめてビジネス輸入するのが良いでしょう。

個人輸入でもビジネス目的の輸入でも、輸入物の量に関わらず、関税や消費税は基本的にかかるものだと考えておきましょう。


関税はかからないのがあたりまえ、という考えを捨て去りましょう。

もしも、輸入物に関税がかからなかったら単に運が良かっただけです。


運が良いだけなのです。

関税と消費税と地方消費税と手数料を支払うのは国民の義務ですから、はじめから払うつもりで輸入しましょう。


はじめから諦めるのが大切です。

個人輸入とビジネス目的の輸入の差は、おもに送料に出ます。

同じ物なら、個人輸入でも、ビジネス目的の輸入でも税率は絶対にかわりません。


だれがなんと言おうと、個人でもビジネスでも税率は変わりません。
関税も消費税も変わりませんよ。変わるって言ってる業者は終わってます。

税は、商品価格ではなく、税関に持ってくるまでにかかった金額の合計にかかります。


輸入代行の手数料にもかかります。

関税の税率はあらかじめ調べておきましょう。

消費税の税率は5%で固定です。

地方消費税は消費税額の25%です。

他に手数料で200円取られますよ。


ここら辺は、制度を自分でググって調べておきましょう。
僕の言うことを鵜呑みにしないでください。

輸入するときには、クロネコヤマトの国際便の方が何となく安心。

輸入するときには保険に入っておいた方が無難。


これらは、個人的な感想。どうでもいい。




これぐらい覚えておけば、個人輸入をバッチリできると思います。
コンピュータなど電子機器な商品は概ね84類というカテゴリの属するものなので、
関税は0%。つまり関税はかからないことが多いです。
種別をよく見たうえで、0%であるはずの関税が0%以上のときには、税関に交渉すると良いでしょうね。

また、動きがあったらお伝えいたします。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

ブログ合宿 08春 (秋元の春) 2日目



昨日の夜から、ブログ合宿 08春 (秋元の春) に来ています。
早いものでブログ合宿も4回目ですね。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2008-04-02 Wed

インテル・ブロガーミーティング



インテル・ブロガーミーティングに参加させて頂きました。

参加者のほとんどの方が顔見知り、または、どこかで見たことがある、
または、面識が無いけど僕は顔を存じてる、という人ばかりでした。
今月はブログディナーに行かなくても良いかも、と思うような顔ぶれでした。

内容は、インテルの製品に関するプレゼンテーションと、
軽食を頂きながらのグループディスカッションでした。

実は、ミーティングの主旨は参加していても分からなかったです。

ある程度の事前説明的資料は配布されていましたが、
会場には、インテルの新しい製品を搭載したマシンは試作機しかないし、
試作機には電源を入れられなかったのです。

なかなか、電源を入れられる動作可能な端末を用意するのは難しいと思います。

でも、もしも、会場に電源を入れて自由に扱えるデバイスが無いと知っていたら、来なかったブロガーも居たのではないかと思います。
ブロガーが何に期待して、やってくるのかを考えて、
無い物は無い!と事前に伝えて頂けると、すれ違いは少ないと思いました。

ただ、よくよく考えてみると、誰が来るのか分からない状態で、
インテル側としては何か思い切ったことができないし、様子見だったのかもしれません。
インテルのブロガーに対する気遣いは異常なまでに手厚かったし、
なにが起こるのかなぁと、ちょっと怖さを感じたりもしました。

最終的には、今回のミーティングだけに絞って考えると、
新しい製品の紹介をブログ界経由でしたい、のかなと思いました。

個人的には面白かったので紹介してみます。

Intel Centrino Atom プロセッサー・テクノロジーの紹介


今回はIntel Centrino Atom プロセッサー・テクノロジーという、
新製品の紹介がメインの内容でした。

プレゼンの冒頭に、生シリコンウエハーを見ることができました。
かっこいい!枕元においておきたい!

これがマイクロプロセッサーの中に入るんですよね。
すごいなー。

インターネット利用の変化に追従するべく、
インテルは今日、モバイルインターネットデバイス(MID)用の製品を発表したそうです。

その名も、Intel Centrino Atom プロセッサー・テクノロジー!

より小さく! より省電力に! より速く!

4700万個のトランジスタが入ってるのに、こんなに小さい!!
すげええええええ。

Atom は Core 2 Duo との互換性もあるそうです。よかったよかった。

MIDやPCだけでなく、インターネットタブレット。ポータブルナビゲーション、ポータブルテレビ、ポータブルゲーム機などにも、今後搭載されるそうですよ。

僕は、今後、数字ボタンの携帯電話が主流モデルから駆逐されて、
MIDが普及する時代が来ると思っているので、夢が膨らみました。

グループディスカッション


グループディスカッションは、

「モバイルインターネット端末を、家族や、社会で使う上での、新しい使い方を考えよ」

という内容でした。

電源が入れられないけれども、外装は見ることができる状態の
モバイル端末群を眺めながら、グループで使い方を考えました。

軽食を頂きながら、楽しく議論し、内容を全体で共有しました。




今回のミーティングはこれで終了。

個人的には楽しめましたので、また機会があれば絶対参加しまーす。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |