前の日 / 次の日 / 2008-06
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2008-06-27 Fri

インテル ブロガー・ミーティング - インテルプロセッサーの歴史


chumbyの件もほとんど片付いたし、ということで、イベント参加の自粛も解除。
今日は、有楽町のインテル株式会社で開催された、ブロガーミーティングに行ってきました。

感想から言うと、イベント自体とても楽しかったです。
個人的には、今回のようCPUに特化したマニアックな話でも楽しめます。
また次回のミーティングが開催されるのをwktkして待ってます。

イベントでは、プロセッサーの誕生から最近のCentreno Atomプロセッサに至る
インテルプロセッサの歴史を技術部長の土岐英秋さんがプレゼンしてくださいました。

土岐さんは、8/2,8/3に開催される、Intel Akibaというイベントでも会えるそうです。
探し出して、自分の思い出のCPUに関するエピソードを聞き出してみてはどうでしょう。

インテルプロセッサーの歴史


プレゼンが面白かったので、以下で印象的な部分をご紹介。

zigsow.jpにiA Legendというページがあって、そこをみると詳細が書いてあります。

- iA Legend : zigsow.jp
-- http://zigsow.jp/?m=mus&a=page_entrance&museum_id=1

Pentiumはi486より遅い!?

Pentiumは発表当初の動作周波数が60MHz。一方i486は動作周波数が100MHz。しかも、Pentium発表当初に利用可能だったアプリは、Pentium用に再コンパイルしないと最適化が不十分で、i486上で動作させた方がパフォーマンスがよかったり。ということで、Pentiumはi486より遅いと思われてた。

Pentiumは電気を食いまくるCPUだった

Pentiumは消費電力が10MW。今聞くと、そうでもないけど、当時の10Wは強烈。

バックサイドバスって聞いたことある?

1997年に、インテルMMXテクノロジーPentiumプロセッサが発表された。
近年のCPUは、2次キャッシュメモリ用のバスとCPUバスは独立している。
しかし、Pentium以前のプロセッサはCPUバスに接続されている2次キャッシュ・メモリをもっていた。
その2次キャッシュを接続しているCPUバスをバックサイドバスと呼ぶそうだ。
聞いたことの無い単語だったので、新鮮/

1997年と言えばスロット1

Pentium2やPentium3のスロット1版は、自作PC最盛期のころに激売れしたそうです。

2003年には、インテルcentrinoモバイルテクノロジーが発表。

Banias(バニアス)というコードネームで開発されたPentium Mは、
モバイル用に開発されたプロセッサでしたが、
エネルギー効率がかなり良く、自作デスクトップマシンに乗せてた人も多いはず。
周波数は低かったけれど、倍以上の周波数のものと同様のパフォーマンスだったなぁ。

2005年4月にようやく、デュアルコア時代

2005年4月にデュアルコアCPU、Pentium Dが発表された。
トランジスタの数は2億3000万から3億7000万個。

続いて、インテルCore Duoプロセッサーを発表。
コードネームはYonah(ヨナ)。
ヨナは完全に32bitだった。

2006年7月に、インテルCore2 Duo

Merom(メロム)。現在でも主流。

2006年11月についにQuad Dore

QuadコアのCPUは、高すぎてあこがれのまとを超えていた。

2007年11月に45nmプロセス化

45nmプロセスに基づく、インテルCoe2Duo Extreme プロセッサーを発表。

高速化のための微細化をすると、漏れ電流が大きくなる。
よって小さくするとパフォーマンスが出にくい。
が、このころにリーク電流対策がめちゃめちゃ進化。

その後は

2008年1月に45nmプロセスのインテルcore2quadプロセッサー
4月にCentreno Atomプロセッサー。これは世界最小。
という流れ。




そういえば、CentrenoのCMに出てくる怪しい鳥ですが、
結構前に、インテルの担当者の方がWebにアップしていたのかも。

<object data="http://www.youtube.com/v/8CP706co7-I" type="application/x-shockwave-flash" width="425" height="350"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/8CP706co7-I" /></object>

なんだか分かりませんが、続きが見てみたい気もしますね。

- 続きはWebで。
-- http://www.intel.co.jp/jp/personal/campaign/promotion/index.htm#weekend




イベントで土岐さんのプレゼンを聞きながら、
「あー、286に下駄履かせたなぁ」とか、
「スロット1のCPUは、自分の中のCPUのイメージと違う形で驚いたなぁ」とか
「自作用にPentium3を買ったときにはスロット1時代が終わっていたなぁ」とか
「モバイルセレロンは激遅くて泣きそうだったなぁ」とか、
いろいろ思い出しました。

また、機会があれば是非参加したいです。
次は何かな。EtherNet用のカードの話とかですかね??

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |