前の日 / 次の日 / 2008-09
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2008-09-01 Mon

朝、本を読んでから

naoyaさんが、「私と技術書」というテーマでプレゼンしたそうです。

naoyaさんのプレゼンは、「なんとなくメモりたい言葉」が沢山でてきます。

このレポートの中で一番良いなぁと思ったのは、以下の段落。

- レポート:「長く使える技術力を自分に蓄えていく」
-- http://gihyo.jp/news/report/2008/08/0826

現在は,早朝起床し,出社前に読書する習慣を作れているとのこと。
「正直,なかなか気分が乗らないこともあるんだけれど,
本を手に取り10分くらい眺めているうちにおもしろくなって進む,
みたいなことが多いかもしれない」


朝、気乗りしなくて本を読まないこともしばしばですが、
読めたときは気持ちよいです。

最近は、目標に向けて歩く余裕が出てきたので、
「読書の時間を増やそうかな」と、上記段落を読みながら考えました。

読書をするときに、ついでに資料を書くと、
「他の人に紹介しやすい」なと思うので
そういうのもやっていくようにします。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

現状に至った努力を褒めれば、自発的に頑張れる人に育つ

頭が良い子を「頭が良い」と褒めることよりも
「ものすごく頑張ったね」と褒めることの方が
効果が高いという記事を見かけたのでメモ。

- POLAR BEAR BLOG: 賢い子供に育てるには「賢いと言わないこと」?
-- http://akihitok.typepad.jp/blog/2008/08/post-69ce.html

「頭が良いこと」ではなく「努力したこと」が誉められた場合、
その後も努力し続けようとするようになる

能力は努力次第で変えられるという考え(能力変化観)をもつ人は、
能力は固定的でコントロールできないものだという考え(能力固定観)
をもつ人に比べ、内発的に動機づけされやすい


集中力も疲労感も、精神的な要因で大きく変動するので、
内発的な強い動機を、無意識にしろ持てることは素晴らしいです。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

ディスプレイは縦置きデュアルが良いのでは

ディスプレイを縦置きにしてみたら、ものすごく便利だった!
という内容の記事が面白かったのでメモ。

- ディスプレイを縦に置くべき10の理由 - u_1rohのカタチ
-- http://d.hatena.ne.jp/u_1roh/20080308/1204980098

実は先日、面白半分にディスプレイを縦置きにしてみたのである。
そう、最初は完全に面白半分だった。
縦に使う人がいると聞いたことはあったけれど、
キワモノと勝手に決め付けてやったことはなかったし、
今回もキワモノと思いつつ面白半分に縦にしてみたのだ。
これが意外なことに、イイんですよ!


理由を要約すると

- 横書きの文章は縦長スペースと相性が良い
- パソコンでは縦長に広がるフォーマットを多く使っている
- 2つのウィンドウを縦に2つ並べると使いやすい

縦幅を確保しつつ、従来の横幅を確保するのなら、
デュアル縦起きディスプレイがいい感じかも。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

spritの挙動

高林さんが、プログラミング言語のsplit関数の挙動の違いについて言及していました。

- split の研究 - bkブログ
-- http://0xcc.net/blog/archives/000201.html

split 関数の挙動が言語ごとに微妙に異なると知人と話題になったので調べてみました。


PerlとRubyはsplitの第3引数に-1を与えることで、
末尾の空要素の省略を抑制するが、PythonやJavaScriptは-1がいらない、

ということを知らなかった。

JavaScriptでも-1を付けてしまいそうだったのでメモ。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

サービスを作るうえで気にしたい5つのこと

「ニューメディア馬鹿(New Media Douchebag)にならないための4つの自問集」
というものに言及した、秋元さんの記事が良い感じだったのでメモ。

サービスを作るうえで気にしたい4つのポイントともいえます。
理解のために自分で解釈してみます。

- 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ: アーリーアダプターへの4つの質問
-- http://labs.cybozu.co.jp/blog/akky/archives/2008

- 母親はそれを使うか?
- 暇潰しのツールか、効率化のツールか?
- 新たなツールの侵入か、既存作業への統合か?
- 実用性はあるのか? 何か得するのか?


母親は多くの場合、コンピュータやインターネットに詳しくないし、
先進的なWebアプリケーションを使わないです。

でも、こないだは、うちの母親が路線検索を使いこなしていることを知り、
驚愕したりしましたが、モチベーションがあれば
近代の便利なアプリケーションを使いこなしたりします。

新しいツールが継続して受け入れられる王道は、
「日常のルーチンの効率向上」です。

普段10分かかっていたことを、1分で終わらせるツールを作れば、
そのツールを使うユーザが沢山生まれるでしょう。

また、新しいツールは対象とするユーザの、
既存の環境に溶け込むようにして、
浸透するような手法を考えたうえでリリースするのが良いでしょう。

ユーザは時間がないので、新しい操作方法は覚えてくれませんし、
別ウィンドウをわざわざ立ち上げてアプリケーションを使ってくれることは
非常にまれだといえます。

アプリケーションに導入する技術は、
最先端であれば良いというわけではありません。

将来性のある、ある程度安定した仕様を持つ技術を
選択的に利用することは、価値があることです。
まずは、周囲の技術者にオススメの技術を聞いてみるのが良いでしょう。

と、ここで、最後に僕が普段考えていることを足しておきます。
それは、このようなフレーズ。

- 未来のあるアイディアなのか

100ブクマ貰えたけど、そのあとはショボーンみたいなのは、
もう飽きたので、腰を据えて良いものを作ります。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

Additive Combinatorics

メモメモ。

- PRoxy Diary(2008-08-30)
-- http://mono.kmc.gr.jp/~oxy/d/?date=20080830#p02

Additive CombinatoricsというとTao and Vuが有名ですが、
いきなりこれを読んでも挫折する気がしたので、
PrincetonのAdditive Combinatorics Minicourseというのを参考にしてます。
講義ノートもしっかりしているし、何よりビデオが公開されているので良いです。


ということで、このページ。

- CS Theory @ Princeton : Additive Combinatorics Minicourse
-- http://www.cs.princeton.edu/theory/index.php/Main/AdditiveCombinatoricsMinicourse

これが終わったら、これ。

- [0707.4269] Structure and randomness in combinatorics
-- http://arxiv.org/abs/0707.4269
Combinatorics, like computer science, often has to deal
with large objects of unspecified (or unusable) structure.
One powerful way to deal with such an arbitrary
object is to decompose it into more usable components.

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

一回見てから読むと良さげな、崖の上のポニョを神話的に解釈するスレ

崖の上のポニョに関する考察が面白かったのでメモ。
この考察は、一回映画館に行くまでは見ない方が良いですよ。

- 崖の上のポニョが神過ぎた件:ハムスター速報 2ろぐ
-- http://urasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-487.html

引用するとネタバレしまくりなので引用しません。

素直な解釈も良いけど、こういう解釈も悪くないですね。

また見に行きたくなりました。

スタジオジブリ絵コンテ全集 (16) - 崖の上のポニョ

[Amazonで詳細を見る]


絵コンテを読みながらスレを読むと、分かりやすいかも。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |