前の日 / 次の日 / 2009-04
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2009-04-29 Wed

本に線を引くなら目線の反対側、なのかな

図書館から借りてきた本に、線が引かれていてテンションが下がりまくりになりました。

「線を引いた奴のことは絶対に許さない!」

という気持ちは横においておいて、ふと変なことに気がつきました。

僕はこの線がそんなに邪魔になることなく、文を読めたのです。

左側に線

そうなんです。

この線は「目線の流れの邪魔にならない側に引いてある」のです。

この場合、右側から目線が流れてくるのに対し、文の左側に引いてあります。
左ききの人が線を引いたのかも。

これなら、目線と、自分で引いた線がぶつかりにくいです。

ということは、横書きの文の場合は、文の下ではなく、文の上に線を引けば良いのかなと思ったので試してみました。


上側に線

、、、邪魔ですね。割と邪魔。

でも、文の下に引いてある場合よりも線に目が行きにくい気がします。

とりあえずの結論としては、「本に線を引きたいとき、縦書きの本は文の左側、横書きの本は文の上に線を引け」ということになりました。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

野町和嘉「聖地巡礼」

やなぎみわを見た後、何ともいえない感じに襲われつつ、すでにチケットを買っていた「聖地巡礼」を見るため地下に降りました。

ぼーっと、会場内に入りましたが、すぐに写真に引き込まれ、そして圧倒されました。

この「聖地巡礼」は、おすすめです。

全体を通して見ると、被写体が素直に隣人を慈しみ、神や自然を信じ、敬っていることが伝わる作品が多いのが印象的でした。

神や自然に裏切られ貧困にあえぐ人々、ガンジス川、宗教的な熱狂によるエネルギーの爆発、100万人が整然と並び祈る姿など、日本にいても見られない現実の形は、とても魅力的です。

見終わったあと、エネルギーを吸い取られたみたいになってしまい、ベンチで軽くうたた寝をして休んでから帰宅しました。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

やなぎみわ 「マイ・グランドマザーズ」

祝日なので、目の保養になるかなと思って、やなぎみわの「マイ・グランドマザーズ」を見に行ってきました。

作品全体を通して見ると、女性の考える格好良さや優しさや魅力が表現されていた、ような気がします。

個人的には女性が飛行機を操縦する写真が良かったです。素直に格好良いと思いました。説明文を読んだあとでも、いろいろ想像が膨らみ楽しめました。

見終わった後で、やなぎみわは写真家ではなく現代芸術家なので、「写真」自体より「出力された結果に含まれる世界観」をとらえるのが大切かも、と思いました。

自分が考えることができない、意外性のある老女の生き方を1つ以上見られましたので、見に行って良かったです。

やなぎみわ

見終わったあと、何とも言えず、疲れたのでコーヒー。

会員なので150円。うまい。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

広告批評フェア

恵比寿の有隣堂で、広告批評のフェアをやっていた。

広告批評

広告批評は今月号で終わっちゃうらしい。

広告批評

広告批評は中学生とか高校生のときに、近所の本屋で立ち読みしていたなぁ。

20分くらい時間が潰れるし、実際にテレビで見たCMに関してコメントが書いてあったので、ネットがろくに使えない時代では貴重な情報源だった気がする。

でも、最近は読んでなかったな。現代は楽しい情報がありすぎる。

30年間、おつかれさまでした。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

上海食堂 麻婆豆腐

恵比寿の駅前にある上海食堂。

ここは、夜も定食が安そうだったんだけど、美味しいかよく分からないので避けてました。

今日はたまたま、ランチのタイミングで目の前を通ったので入ってみることに。

頼んだのは麻婆豆腐定食。
サラダ、スープ、ザーサイ付き。

上海食堂

お値段は600円なんだけど、600円なら問題ないお味でした。おいしいです。

今度来たときは青椒肉絲定食を頼むことにします。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |