前の日 / 次の日 / 2010-01
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2010-01-20 Wed

宮武讃岐製麺所 かけうどん + ちくわ天

今日はスケートで遊んじゃったので、お昼はマニュアル読みながら自席でうどん。
でテイクアウトしてきました。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

麺が多少伸びちゃったけど、最後までおいしく食べれました。うどんは出汁がうまいし体が暖まります。ごちそうさまでした。

関連リンク


- 本場さぬき(讃岐)うどんの老舗「宮武讃岐製麺所」公式ホームページ
-- http://seimensho.jp/

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

スケートしてきた

@hiyuzawa さんとスケートを楽しむ会が開かれたので行ってきました。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

入場のときに手袋チェックがあって、手袋持ってなかったから200円で購入。

十数年ぶりに滑ったので、最初から最後まで思い通りに滑れません。おまけに見事に一回こけました。手袋買っておいてよかった!


from overlast using Panasonic DMC-FX100

50分くらい滑ったら、もう今日は滑らなくていいや、という気分になりました。
もっと大きいリンクにいけば、直線が多いので練習になってよいんだろうなぁ。近日別のリンクに行ってみよう。

@hiyuzawa さん、おつかれさまでした。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

また今度、焼肉行きましょう!!

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

PerlのXSはじめました(1)

XSについて学びはじめました。えええ!!いまどきXS!?と思う人もいるとは思いますが、ちゃんと理解してなかったのは本当なのでしょうがない。これまで何回か学んでは中途半端で止まってしまっていたので、今回はきっちり区切りがよいとこまで終わらせます。

今まではPerlから共有ライブラリを扱うときにはSWIGを使っていました。でも、なんかSWIGって生成されるコードが一見してもよく分からないし、Rubyバインディングを書いたときのような歯車が噛み合った感なんかは皆無です。ぜんぜん気持ちよくないのです。

ということで、耐えられなくなったことを機にXSをちゃんと理解して使いこなしたいと思ったのでした。以下の資料を読めるところから読み始めました。

読み始めた資料


モダンPerl入門

[Amazonで詳細を見る]


- perlxs
-- XS言語のリファレンス
- perl
-- XSUBのチュートリアル
- perlguts
-- Perlコアの基本動作、Perl PAIの使い方

今後しばらくつづく。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

ライト、ついてますか 第5部 14・15 「変人と衝突」「事態を収集」

ワインバーグ関連の本を順番に読んでいます。今は「ライトついてますか」の読書メモをつけています。

ライト、ついてますか - 問題発見の人間学

[Amazonで詳細を見る]


以下、第5部の14・15「変人と衝突」「事態を収集」に関するメモです。

14節は「問題に遭遇したら、その問題の原因を「自然(人間の無意識な本性)」に起因するものと考えないようにし、「建設的な思考と解決策で対処できる領域」に引っ張り込もう」ということが書いてあります。
15節は「問題の出所は残念ながら半分の確率で自分だったりする。相手が不作法な圧力をかけてくるとしても、一人の人間として敬意を払って笑顔で応対し、相手の能力を引き出すのはどうか」ということが書いてあります。

一回読んだことがないと、メモに何を書いてあるのか分からないと思います。

読書メモ。


- 「自然(人間の無意識な本性)」から発生する問題は2つの理由で最悪
1、そんなところから生じてきたのではどうしようもない、という気持ちになる
-- つい食べ過ぎたりするのは、ムリもないさ、、とか
2、自然は我々の問題に対して無関心である
-- 別に動機があるわけではない
-- ずる賢いが悪意はない
-- 人間や現実の事物・行動に問題があるなら解決の足がかりを得られるのだが

- 「運命」という言葉は「自然」の別名
-- なにもやらないことに対する世界一有名ないいわけ

- 企業における自然とは
-- 社内の制度
-- 社内の権力者の無意識な行動

- 問題が起きたら、その問題を「自然」から「建設的な思考と、解決に向けた行動」に引っ張り込む

- ピーターの法則
-- 官僚は組織の中で、その無能の水準に達するまで昇進する

- ポールの法則
-- 仕事の難しさはすべての官僚の有能さを越える点まで増大する

- お偉方を選出する権利がある人間は、候補者が仕事をやりこなす能力に欠けていればいるほど、より多く任命者の恩恵を受ける

- 任命者の任命パターンの最悪な例
-- 仕事内容と、上の人の首を脅かさないことの両方が気に入った
-- 命令系統の上に上がっていく情報を妨害する能力に長けている点が気に入った

- 不作法に圧力をかける人間は
-- 不作法に圧力をかけることで、そのことを上司に伝えられるリスクを犯している
-- 圧力をかける項目について、重要な決定を下す権限を与えられていない

- なぜ権限を与えられていない人間は不作法になるのか
-- 筋の通った要求をされたときに、それを叶えられない、という現実に直面すると自らの隷属的な立場を思い知るから

- 一方、問題は歴史的な経緯で起きている場合がる
-- 長年、どのような扱いを受けてきたかで、人の態度は変わるものである

- 目の前の「自然」の源泉も、暖かい血が通った一人の人間なのである。
-- たとえば
--- ほほえみかけよう
--- 名前を知り、名前で呼びかけよう

- 相手の人間らしさと有能さに対して、礼節と敬意をもって接することは重要
-- 相手の人間らしさと有能さを呼び起こす

- どんなところで試す?
-- 銀行
-- スーパー
-- 役所

- 問題の真の出所に気づくと、問題は一気にすっきりと解決したりする
-- 問題の出所は、もっともしばしば、われわれ自信の中にある
--- 筆者の経験では、問題の53%ほどが自分自身に起因している




この2節を読むと、過去にやってしまった反省すべきことを思いだします、うーん。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

朝マック メガマフィン

今朝の朝食はちょっと気まぐれでマクドナルド。一回も注文した事がないメガマフィンを頼んでみました。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

想像どおりの味がひたすら沢山ある感じです。自分で頼んだのですが、朝に食べるにしてはヘビーすぎました。

マクドナルドは連続で行くと体調を崩しそうなので、しばらく行かないようにしよう。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

朝の東京タワー

その日の天気や、撮影時刻によって見え方が大分違うのですが、今朝の東京タワーはこんな感じでした。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

暇があったらぼーっと眺めて、影の変化を眺めていたいです。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |