前の日 / 次の日 / 2010-06
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2010-06-29 Tue

にわとりが先じゃないと卵が生まれてくれない状況

「卵が先であるべきか」または「にわとりが先であるべきか」という問題は多くの場合に結論が得られないものです。

あなたは養鶏場の職員だとしましょう。素晴らしい孵卵器を開発でき、養鶏に関わるノウハウを充分もっているとします。

卵とニワトリを効率良く手に入れて養鶏場を繁栄させたい場合、状況に応じて自分が楽に入手できる方から入手すれば良いと思いますし、そのほうが最終的な結果は得やすいと思います。

あなたが気まぐれなオーナーのいる養鶏場で働いているときに、オーナーから「新しい養鶏場をゼロから繁栄させてくれ。でも、にわとりを先にもって来てくれないと最初の卵はあげられない」と言われてしまう状況があったとしましょう。

このような場合、あなたがどれだけ素晴らしい孵卵器を開発したとしても、どれほど養鶏に関わるノウハウをもっていても、そもそも卵を手に入れることが完了していないので、永遠にニワトリ生誕 & 養鶏場の繁栄には至りません。
どうしても卵が欲しい状況にある場合は、ニワトリを意地でも捕まえてくるか、買ってくるか、なんとか無理矢理なんとかするか、、する必要があります。

その結果、あなたは運良く良い感じのニワトリをゲットできたとしましょう。

だいたいニワトリを手に入れる前や手に入れる過程で気がつくことなのですが、ニワトリを手に入れてしまうと「もうオーナーから卵をもらう必要ない」ような場合も多そうです。

それを見たオーナーは「なるほど、もう卵はいらなさそうですね。運が良いですね。はっはー。」などと言うかもしれません。
ニワトリを無理なく手に入れることができたのなら、そのオーナーの言葉を聞いても笑っていられるでしょう。

逆にニワトリ(現実にはニワトリ以外のものを指すので入手にはコストがかかります)を手に入れるために多大な犠牲を払っていた場合、オーナーの笑いを聞いた瞬間ブチ切れずにはいられないと思うんです。
「おまえが最初に卵(現実にはニワトリを効率良く得るためのリソースを指します)をくれれば全部丸く収まったんだよ!」などと。

こういう茶番は自分が当時者になるとなかなか笑えないものです。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |