前の日 / 次の日 / 2010-06
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2010-06-30 Wed

CHARLESTON&SON(チャールストンアンドサン) (六本木)

今日のランチはフラフラと歩いてCHARLESTON&SON(チャールストンアンドサン)へ。

P1140682

お腹が全然空いていないのでチキンフォー(600円)とフリードリンク(70円)を頼みました。ピザとかパスタとか無理。。。

- チャールストンアンドサン CHARLESTON&SON - 六本木 [食べログ]
-- http://r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13001977/
場所:東京都港区六本木5-3-4 第一レーヌビル 1F。

続きを読む

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

人に慣れ過ぎな雀と鳩

六本木の鳥は人に慣れ過ぎです。

たとえば雀。椅子に座って休んでいると足下の間近まで餌が無いかやってきます。

P1140687

こんなに雀の近くにいるのは自宅の庭でも無理。
六本木生まれ六本木育ちなのかな?

鳩はくつろぎすぎて道ばたで座ってウトウトしたりします。

P1140686

僕も道ばたでゴロゴロしたいわ。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

CentOS 4.8 上で perlbrew install するときは /usr/include/poll.h をリネームしておく

CentOS 4.8 上で「perlbrew install 任意のバージョンのPerl」を実行したら、コンパイルエラーでインストールできなくなっていました。

perlbrew は任意のバージョンのperlを$HOME(自分のホームディレクトリ)以下にインストールするためのアプリケーションです。
レンタルサーバや研究室など複数人で計算機を共有する場合に、他人に影響を与えずに任意のバージョンの Perl をインストールできるので重宝します。

perlbrew のインストール方法をについては『「perlbrew」と「cpanminus」と「local::lib」を使って、さくらのレンタルサーバで任意のバージョンのPerlを使う』 [2010-04-24-1] という記事に書きました。

さて、本題に戻ってログを見てみると、ざっと以下のようになっていました。

$ tail -f $HOME/perl5/perlbrew/build.log
(中略)
IO.xs: In function `XS_IO__Poll__poll`:
IO.xs:249: error: Invalid application of `sizeof` to incomplete `pollfd`
(省略)


このようなエラーが出ているためインストール時にエラーが出た Perl のソースを grep してみたところ、/usr/include/poll.h と /usr/include/sys/poll.h をチェックしているようです。で、存在していたら優先的に include される前者の /usr/include/poll.h が不具合の原因かもしれないと思い、ファイル名を変更したところ、perlbrew install できました。force オプションは付けなかったので sys/poll.h が include されて IO.xs から成生された IO.c を正常にコンパイルできたのでしょう。

なんで、include/poll.h は駄目で、include/sys/poll.h が大丈夫なのかは深追いしてない分かりませんが、検索エンジンで検索しても同じエラーが出た起きていることを書いている人が1人しか見つからないので、非常に稀な問題でハマってるのかも。。。
素直に CentOS 5.x 系を使っていれば起きない問題なのかもしれませんね。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |