アルゴリズムイントロダクションと線形代数

勉強は続いてるの? と聞かれたので途中経過だけご報告すると、
毎週それぞれ1時間程度、有志が集まって勉強しています。

どちらもじわじわ進んでいます。


アルゴリズムイントロダクションは4章の半ば。
置き換え法で漸化式を考える演習のあたり。
ほんとに解き方が分からなくて困る問題が多々あります。
まー、いつか終わる日が来るでしょう。そんな感じ。
演習を解いてる効果は大分あって通読するだけより記憶に定着します。

アルゴリズムイントロダクション 第3版 第1巻: 基礎・ソート・データ構造・数学 (世界標準MIT教科書)
T. コルメン, R. リベスト, C. シュタイン, C. ライザーソン, Thomas H. Cormen, Clifford Stein, Ronald L. Rivest, Charles E. Leiserson, 浅野 哲夫, 岩野 和生, 梅尾 博司, 山下 雅史, 和田 幸一
近代科学社; 第3版 (2012/8/2)
売り上げランキング: 138,365

アルゴリズムイントロダクション 第3版 第2巻: 高度な設計と解析手法・高度なデータ構造・グラフアルゴリズム (世界標準MIT教科書)
T. コルメン, R. リベスト, C. シュタイン, C. ライザーソン, Thomas H. Cormen, Clifford Stein, Ronald L. Rivest, Charles E. Leiserson, 浅野 哲夫, 岩野 和生, 梅尾 博司, 山下 雅史, 和田 幸一
近代科学社; 第3版 (2012/12/26)
売り上げランキング: 211,853


線形代数は3章のベクトル積のあたりです。
こっちは最終的に分からないことはないのですが、
教科書がネチネチ系の教科書なので、
ずっと同じ事を繰り返すと何故か山をのぼってて何これすごい、
みたいな感じです。
この教科書は本当に素晴らしいけど、ほんとに売れないと思う。



以上です。


投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |
blog comments powered by Disqus