CentOS に Digest-MurmurHash3 をインストールするとき

PerlモジュールのDigest::bBitMinHashではMurmurhash3のハッシュ関数を利用している。
Murmurhash3はC++で書かれているけど、もしもバインディングがあるなら
最初はPerlだけで済ませようとbBitMinHash.pm内でuse Digest::MurmurHash3した時の話。

以下はDigest::MurmurHash3-0.01にのみ有効な情報。


Digest::MurmurHash3は、パッケージ内に Murmurhash3のソースとヘッダを含んでいる。
従って、インストールできればすぐに使える。はずである。

OSXの環境ではcpanm Digest::MurmurHash3だけでインストールできる。

しかし、いまのCentOSの環境ではうまくいかなかった。
64bit環境だから??

うまくいかない時に、みてみたらMurmurhash3のxsをccでコンパイルしてたせいで
リンクに失敗してたためにテストが通らなかったみたい。

なので、g++でコンパイルされる様にする。

Makefile.PLに

makemaker_args(
    CC    => 'g++',
    LD    => 'g++',
    XSOPT => '-C++'
);


を足した。

これにより、CentOSにも無事にDigest::MurmurHash3がインストールできた。

以上。


投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |
blog comments powered by Disqus