2006-09-08 Fri

はらだのブログ、というブログの食べ物の描写が好き

お世話になってるはらださんのブログを数ヶ月ぶりに読んだ。

はらださんは料理をおいしそうに描写するな、と思った。

さらば愛しのミスターステーキ。

肉を大きめにカットしてたっぷりと玉ねぎをのっけて、ガッと口にほりこ
んで、ガツガツとかむと、もう鼻から口から満足感があふれ出します。あー
食いたい。


鼻からあふれるとか、自分は書けません。すごいなぁ。

もっと食べ物の記事が増えると、個人的に嬉しいです。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2005-04-20 Wed

雨上がり決死隊のブログ - 「鬼の棲家と虫かご」

雨上がり決死隊がブログに参戦


 雨上がり決死隊がブログを開設しました。

雨上がり決死隊の「鬼の棲家と虫かご」

 公式ページが潰れてしまっているので、ブログを介してお2人の心が伝わると良いですね。

 っていうか、応援してますので頑張ってください。

【関連リンク】
雨上がり決死隊の「鬼の棲家と虫かご」
アメトーク!
YOSHIMOTO CO JP DEMO

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2005-02-14 Mon

山田優のブログが開設されていた

最終更新日が・・・


 自分で開こうが、企業が開こうが、事務所が開こうが、ブログの普及につながるのでアリ。

 山田優のBEAUTY*BLOG

 それにしても、早速終了しそうな予感がするな。
 コメントとトラックバックを受け付ければ、読者の反応が見れて良いと思うのだが・・・。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2005-02-09 Wed

Skye Sweetnam公式 ブログ DE スカイ

英語に恋するって言ってもね、いきなりできるか!?

・・断じてできない。なので、興味がある記事を読んで英語に慣れ親しむことにする。。そんなわけでスカイ・スウィートナムさんのブログなわけですよ。

ブログ DE スカイ

このブログは、
 ・本人の英語版公式サイトの日記よりも更新頻度が激しい。
 ・雰囲気が良い。
 ・英文とその邦訳が書いてある。
 ・ミニレッスン付き
となっており、良い感じ。

ちなみにスカイ・スウィートナムさんは、[2005-02-07-5]「[O] LOVE FOR NANA トリビュートアルバム」でも紹介したが、トリビュート・アルバム「LOVE for NANA Only 1 Tribute」に参加されている。歌声に迫力があってよい。

英語上達に向けた第一歩は外人女性のブログ。なんだかなぁ。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2005-02-07 Mon

イグザンプラー

いやぁ、いい番組だよなぁ。

イグザンプラー exampler

公式ページから引用すると・・

イグザンプラーとは?
ネット放送による世界発信をいよいよ実現。世界の本流に乗って本格的なエンターテインメントを提供します。


アンカーマンの金剛地武志が良い顔、良い動きをしている。

アクセス500万キャンペーンをおこなっているそうで、勢いに乗ってブログも公開したようだ。

イグザンプラーブログ

私は好みの番組なのでチェック。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2005-02-02 Wed

神奈川新聞がブログにリボーン

地方新聞社にRSS流行の兆し・・・かな?

神奈川新聞がブログを取り入れてリニューアルした

神奈川新聞WEBは引っ越しました
神奈川新聞WEBは、2005年2月1日からコミュニティーサイト「カナロコ」に生まれ変わり、サイトのURLが下記の通り、変更になりました。


ということでカナロコへgo!!

カナロコ -横浜や神奈川の情報発信!コミュニティーサイト by 神奈川新聞-
<http://www.kanaloco.jp/>

カナロコのトップページにアクセスすると、ちっともニュースっぽさがない。そして「カナロコの住人になりませんか?」とコミュニティメンバー入りをすすめられる。かなりユルーイ印象だ。

肝心の記事の見出しは、トップページの中盤以下で閲覧できる。そして、記事の詳細はブログそのものである。

驚いたことに、カナロコに掲載された記事に対しては将来的にコメントやトラックバックができる模様だ。

これらを見て私が感じたことは、地方新聞社の危機意識の高さだ。それは、この大改革とも言えるWebサイトの変貌を見れば分かる。

コメント機能やトラックバック機能を利用者に開放しようとしているあたりは、ダイレクトにユーザーの反応が見れるため記者の意識を高めることにつながるだろう。

「将来RSSリーダーを利用者が増えるので、トップページのユーザビリティを考える際に記事を軸にする必要がない」という明確なコンセプトを打ちたて、コミュニティサイト化することで継続的な利用者を見込もうとしているところが素晴らしいと感じた。将来はGoogle Adsenseなどを導入するのだろうか。将来が非常に楽しみだ。

我々一般ユーザーは、新聞記者によるブログを楽しめるという意味で勉強になるだろう。おもしろ企画にも興味があるが、綿密な取材に基づく記事をブログとして発信していただきたいものだ。

記事のブログ化は読んでは捨てられてしまい、縮刷版も市場が限られている現状において、記事を有効活用する最も手軽な手段の一つだといえる。なぜならブログは導入した時点でデータベースにもなっているからだ。

個人的には神奈川が誇るローカル放送キングの「Saku Saku」とコラボしていただきたいところだ。どっすか?

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2004-11-30 Tue

梅田望夫・英語で読むITトレンド



かなり以前から読んでいた。ここ数週間はゲスト週間で、私が是非一度お話してみたいと思っている方が連続で執筆している。考え、体現しているか、体現できるか、が大切なんだ、と自分を再確認できる記事が満載だ。情報系の技術者にとって必読ではないだろうか。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2004-11-07 Sun

Kaela★Blog

んで、これは木村カエラさんのKaela★Blogです。RSSを発行しているので紹介しました。RSSリーダーに入れとけー、ってことで。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |