2010-05-07 Fri

花園神社をぶらぶら

ランチ後にぶらぶらっと花園神社へ。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

花園神社は新宿駅の割と近くにあるけど、ずいぶん肥えた毛並みの良い鳩がいるノンビリした場所なので好きだわ。

関連リンク


- 花園神社
-- http://www.hanazono-jinja.or.jp/
# サイトが MovableType でできてる。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-07 Fri

新宿駅構内で御柱祭りの「元綱」の貰い手を探してる

新宿駅構内で御柱祭りの「元綱」の貰い手を探してました。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

問い合せ先は長野県茅野市役所。これは本物の元綱ですね。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

この縄、たぶん 50m くらいあるんですよ。

運動会の綱引きなどには使えそうだけど、相当ヘビーだし仕舞っておく場所も必要そう。誰が貰うんでしょうか。。

関連リンク


- 信州諏訪 御柱祭公式ホームページ
-- http://www.onbashira.jp/

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-07 Fri

庭にヒヨドリ

庭にヒヨドリがきてました。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

個人的に、ヒヨドリはスズメの餌を奪い取り農作物を荒らすひどい奴、だとおもっていましたが、単独で畑が無いところに来たときは可愛いもんです。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

盛んに土の下にいる虫を狙っているようです。たくさん食べて部屋に余計な虫が入ってこないようにしてください(笑)

関連リンク


- ヒヨドリ - Wikipedia

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-06 Thu

物干し竿を追加購入

ドンキホーテでアルミの物干し竿を購入しました。
いま住んでいるアパートでは「物干し竿は入居者が買う」というルールがあります。
引っ越した直後の 2 年以上前に一回買っているので 2 回目です。

アルミ伸縮丸物干し竿30パイ×1.5m~2.5mシャンパンゴールド

[Amazonで詳細を見る]


これで一度にたくさんの洗濯物を干せます!

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-06 Thu

須田帆布の「スタンダードDパック」と「スクエア・リュック」

「あんまりリュックっぽくなくて A4 サイズ」なリュックサック、という矛盾を抱えた商品がほしくて渋谷を散策していたら、須田帆布さんの「スタンダードDパック」と「スクエア・リュック」が良さそうに見えました。

須田帆布さんのバッグは生地の風合いがよく、なんなら「自分でワッペンでも貼ろうか」とか「ペンキでラインを引こうか?」と思えるくらい飾り気が無いのが素敵。

「スタンダードDパック・S」は理想に近いですが A4 サイズよりは小さいです。でも普通のDおアックは、なんかデッぷりりして可愛くないす。
「スクエア・リュック」は A4 サイズが楽々入りますが、もう2〜3cm薄いと完璧でした。

画像
- 須田帆布公式ホームページ:スクエア・リュック
-- http://www.sudahanp.com/bag/lyuku/sh296.html

画像
- 須田帆布公式ホームページ:スタンダードDパック
-- http://www.sudahanp.com/bag/lyuku/sh171.html

綿の製品は雨の日にどれくらい色落ちするかが、ちょっと気になります。が、形が好きだなぁ。

他に良さそうなのが見つからなかったら、どちらかを買うと思うのですが、ちょっと迷ってみます。

関連リンク


- 須田帆布公式ホームページ
-- http://www.sudahanp.com/

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-06 Thu

ウエマツの店頭ギャラリーの不動明王

渋谷の画材屋さんであるウエマツの店頭ギャラリーの展示物が「森千景」という方の作品になっていました。不動明王さまですね。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

妙に迫力があったので立ち止まって細かく見てしまいました。

人が立ち止まる絵を書けるってすごい。

関連リンク


- 森千景絵便り筆遊びギャラリー
-- http://members.jcom.home.ne.jp/pipeterpan/

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-05 Wed

ブログに「Google Buzz」の Buzz ボタンを設置しました

このブログに、「Google Buzz」の Buzz ボタンを設置しました。記事タイトルの真下あたりに「Buzz」と表示されると思います。

昨日、今日とボタンを追加しまくっているので酷い状況になってますが、整頓をしているところなので、そのうち綺麗に並ぶと思います。

なんで Google Buzz なのかというと、このブログを読んでいる人は Google 大好きな人が多そうだからボタンを設置して様子を見たくなったのです。

Buzz のボタンを表示するためのコードは以下から取得できます。

- バズ - ウィジェット
-- http://www.google.com/buzz/api/admin/configPostWidget

Google Buzz も好みの表示内容になるように、設定と確認を繰り返してコードを生成できるようになっています。



僕が最後の最後に取得したコードは以下のようなコードでした。

<a title="Post on Google Buzz" class="google-buzz-button" href="http://www.google.com/buzz/post" data-button-style="link" data-url="http://diary.overlasting.net/<TMPL_VAR name=url>"></a>
<script type="text/javascript" src="http://www.google.com/buzz/api/button.js"></script>


あとは、このコードをテンプレートに貼付けるだけ。簡単!

Google Buzz のボタンは日本ではあんまり人気なさげですが、確実に使われるだろうし、徐々に改良もされていくのでは、、、ないでしょうか。

記事の上部がボタンで埋まってきましたね。そろそろボタンの追加はやめようかな。

関連リンク


- Google バズ
-- http://www.google.com/buzz

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-05 Wed

はてなブックマークの新着記事リストと人気記事リストを取得

ブログに「はてなブックマークの新着記事リストと人気記事リスト」を表示したいと思ったのですが、はてなが提供しているリストは求めているものとは違いました。

なので、今日のところは簡単 Perl プログラミングで対処します。書いたプログラムは、さくらのレンタルサーバで定期的に実行して、最新のリストを生成し続けるようにします。

[2010-04-24-1] で、さくらのレンタルサーバで Perl の実行環境を作る手順をまとめました。以下では、その手順を経たあとの環境を使っています。

まず、はてなブックマークから任意のURLに関する新着記事を取得するプログラムを書きます。

このプログラムは、最初に以下のような任意のURLに関する、はてなブックマークの新着エントリーの RSS を取得します。

- diary.overlasting.net の新着エントリー - はてなブックマーク
-- http://b.hatena.ne.jp/entrylist?sort=eid&url=http%3A%2F%2Fdiary.overlasting.net

その後、RSS からタイトルと URL を抜き出して、リストを作成して、テンプレートにリストを流し込んで、JavaScript を出力します。

#!/home/『ユーザ名』/perl5/perlbrew/bin/perl                                                                                                      
use strict;
use warnings;
use utf8;

use lib qw('/home/『ユーザ名』/perl5/lib/perl5/');

use CGI;
my $cgi = CGI->new();
use Encode;
use HTML::Template::Pro;
use LWP::Simple;	
use XML::Simple;
$XML::Simple::PREFERRED_PARSER = 'XML::Parser';

my $xmls = new XML::Simple();
my $content = get('http://b.hatena.ne.jp/entrylist?sort=eid&url=http%3A%2F%2F『任意のURL』&mode=rss');

my $hash_ref = $xmls->XMLin($content, ForceArray => 1);

my @new_arr = ();
my $count = 12;
foreach my $e (@{$hash_ref->{item}}) {
    my $title = Encode::decode_utf8($e->{title}->[0]);
    my $link = $e->{link}->[0];
    my $code = '<img src="http://b.hatena.ne.jp/entry/image/'.$link.'">&nbsp;<a href="'.$link.'" target="_brank">'.$title.'</a>';
    push @new_arr, {"code" => $code};
    $count--;
    unless ($count > 0) {
        last;
    }
}

my $t_new = << "__NEW__";
document.writeln('<div>
<div>
<TMPL_LOOP NAME=new>
<TMPL_VAR NAME=code><br />
</TMPL_LOOP>
</div>
</div>');
__NEW__

my $template = join("", $t_new);
my $t = HTML::Template::Pro->new(scalarref => \$template,
                                 associate => $cgi,
                                 die_on_bad_params => 0);
$t->param("new" => \@new_arr);
my $out = $t->output();
$out =~ s|\n||g;
$out = Encode->encode_utf8($out) if utf8::is_utf8($out);

print $out."\n";


shで実行可能なプログラムを書いて、その中でbashを呼んで必要な変数を全部読み込むか、「source ~/.bashrc」するなどします。
その後に実行したいスクリプトを記述します。
シェルがbashを呼び出せれば、予定外のトラブルが起きずにプログラムを実行できると思います

- test.sh
#!/usr/local/bin/bash                                                                                                                     
環境変数の設定を書く

実行したいプログラムなどを書く


test.sh をつくったら、実行権限755に変更します。

chmod 755 ./test.sh


その後、このshファイル(test.shのような)を cron に登録します。

あとは動作確認をしておしまい。

このようにして JavaScript ファイルを 1 時間に一回生成してあげるて、そのファイルをテンプレートで読み込むようにすれば、以下のようなリストを表示できます。



こういうリストは自動で勝手に生成されるのが良いすね。

関連リンク


- ブログの人気記事を貼り付ける:はてなブックマークのヘルプ
-- http://b.hatena.ne.jp/help/widget
- 自分のブログに「○○users」を表示する:はてなブックマークのヘルプ
-- http://b.hatena.ne.jp/help/count

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-05 Wed

ブログに「Facebook」の Like ボタンを設置しました

このブログに、Facebook の Like ボタンを設置しました。記事タイトルの真下あたりに「Like」または「いいね!」表示されると思います。

日本では Facebook を知っている人はまだまだ多くないです。少なくとも僕の母は mixi と gree を知っていても Facebook を知らない状態です。ですが英語圏では圧倒的なシェアを誇る SNS です。今後の発展を考えると注目しつづけなきゃいけません。

Like ボタンを設置するために必要なコードは以下のページで取得できました。

- Like Button - Facebook開発者
-- http://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/like

ページ下部のフォームでアバウトに見た目を確認しながら作業します。



Like ボタンで「いいね」と言って欲しいアドレスを入力したり、テンプレートにコピペしたときに調整した URL を入れたりします。あとは幅とか、ボタンを押した人を表示するか、とかです。最後にGet Code ボタンを押すと ifreme なコードを取得できます。

出来上がった Like ボタンのコードはstyleのwidthとheightの値が最適ではなかったので、何度か調整とページの再構成を繰り返しました。

最終的に以下のようなコードになりました。

<iframe src="http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fdiary.overlasting.net%2Fsample.html&amp;layout=button_count&amp;show_faces=false&amp;width=50&amp;action=like&amp;font=arial&amp;colorscheme=light" scrolling="no" frameborder="0" allowTransparency="true" style="border:none; overflow:hidden; width:75px; height:20px"></iframe>


上記のコードをテンプレートの任意の箇所に貼付けると、このブログ用の Like ボタンを設置できました。

関連リンク


- Facebook
-- http://www.facebook.com/

- Facebookの”like”ボタンは立ち上げから24時間で10億回押されるって
-- http://jp.techcrunch.com/archives/20100421facebook-like-button/

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-04 Tue

「言語処理のための機械学習入門」が近日発売

高村さんが「言語処理のための機械学習入門」という書を執筆なさったのですが出版されます。
今後、機械学習に手をつける学生さんが序盤に読む超定番本になるのでは。

言語処理のための機会学習入門

[Amazonで詳細を見る]


「高村さん」による「機械学習」の「入門テキスト」。この組み合わせだけで大変に期待が持てます。

- コロナ社|書籍詳細|機械学習入門
-- http://www.coronasha.co.jp/np/detail.do?goods_id=2728

自然言語処理シリーズ 1
言語処理のための 機械学習入門	

東工大教授 工博 奥村学 監修
東工大准教授 博士(工学) 高村大也 著

判 型:A5
予定ページ:224頁
ISBN:978-4-339-02751-8
予定価格:2,800円

自然言語処理における機械学習の利用について理解するため,
その基礎的な考え方を伝えることを目的としている。
広大な同分野の中から厳選された必須知識が記述されており,
論文や解説書を手に取る前にぜひ目を通したい一冊である。


目次を確認すると、他の教科書とは重ならない内容で、既存の和書では得難いトピックを扱われています。
大学院や企業で、最近になって自然言語処理や機械学習をはじめた人には間違いなく必要になる本なので、後先考えなくても大丈夫です。

和書の自然言語処理関連の書籍のなかでは近年のベストなのでは。
高村さん、執筆おつかれさまでした。今後もサポートや改訂など頑張ってください!

[2010-07-08]:追記
とうとう「言語処理のための機械学習入門」が発売されました。なので、記事に追記しました。

目次


機械学習入門

1. 必要な数学的知識
1.1 準備と本書における約束事
1.2 最適化問題
1.2.1 凸集合と凸関数
1.2.2 凸計画問題
1.2.3 等式制約付凸計画問題
1.2.4 不等式制約付凸計画問題
1.3 確率
1.3.1 期待値,平均,分散
1.3.2 結合確率と条件付き確率
1.3.3 独立性
1.3.4 代表的な離散確率分布
1.4 連続確率変数
1.4.1 平均,分散
1.4.2 連続確率分布の例
1.5 パラメータ推定法
1.5.1 i.i.d.と尤度
1.5.2 最尤推定
1.5.3 最大事後確率推定
1.6 情報理論
1.6.1 エントロピー
1.6.2 カルバック・ライブラー・ダイバージェンス
1.6.3 ジェンセン・シャノン・ダイバージェンス
1.6.4 自己相互情報量
1.6.5 相互情報量
1.7 この章のまとめ
章末問題

2. 文書および単語の数学的表現
2.1 タイプ,トークン
2.2 nグラム
2.2.1 単語nグラム
2.2.2 文字nグラム
2.3 文書,文のベクトル表現
2.3.1 文書のベクトル表現
2.3.2 文のベクトル表現
2.4 文書に対する前処理とデータスパースネス問題
2.4.1 文書に対する前処理
2.4.2 日本語の前処理
2.4.3 データスパースネス問題
2.5 単語のベクトル表現
2.5.1 単語トークンの文脈ベクトル表現
2.5.2 単語タイプの文脈ベクトル表現
2.6 文書や単語の確率分布による表現
2.7 この章のまとめ
章末問題

3. クラスタリング
3.1 準備
3.2 凝集型クラスタリング
3.3 k-平均法
3.4 混合正規分布によるクラスタリング
3.5 EMアルゴリズム
3.6 クラスタリングにおける問題点や注意点
3.7 この章のまとめ
章末問題

4. 分類
4.1 準備
4.2 ナイーブベイズ分類器
4.2.1 多変数ベルヌーイモデル
4.2.2 多項モデル
4.3 サポートベクトルマシン
4.3.1 マージン最大化
4.3.2 厳密制約下のSVMモデル
4.3.3 緩和制約下のSVMモデル
4.3.4 関数距離
4.3.5 多値分類器への拡張
4.4 カーネル法
4.5 対数線形モデル
4.5.1 素性表現の拡張と対数線形モデルの導入
4.5.2 対数線形モデルの学習
4.6 素性選択
4.6.1 自己相互情報量
4.6.2 情報利得
4.7 この章のまとめ
章末問題

5. 系列ラベリング
5.1 準備
5.2 隠れマルコフモデル
5.2.1 HMMの導入
5.2.2 パラメータ推定
5.2.3 HMMの推論
5.3 通常の分類器の逐次適用
5.4 条件付確率場
5.4.1 条件付確率場の導入
5.4.2 条件付確率場の学習
5.5 チャンキングへの適用の仕方
5.6 この章のまとめ
章末問題

6. 実験の仕方など
6.1 プログラムとデータの入手
6.2 分類問題の実験の仕方
6.2.1 データの分け方と交差検定
6.2.2 多クラスと複数ラベル
6.3 評価指標
6.3.1 分類正解率
6.3.2 精度と再現率
6.3.3 精度と再現率の統合
6.3.4 多クラスデータを用いる場合の実験設定
6.3.5 評価指標の平均
6.3.6 チャンキングの評価指標
6.4 検定
6.5 この章のまとめ
章末問題

付録
A.1 初歩的事項
A.2 logsumexp
A.3 カルーシュ・クーン・タッカー(KKT)条件
A.4 ウェブから入手可能なデータセット

引用・参考文献
章末問題解答
索引


ネットで買う


言語処理のための機械学習入門

[Amazonで詳細を見る]

楽天で「言語処理のための機械学習入門」を調べる。

関連リンク


- Hiroya's homepage
-- http://www.lr.pi.titech.ac.jp/~takamura/index_j.html
- 奥村研究室ホームページ
-- http://www.lr.pi.titech.ac.jp/

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-04 Tue

ブログに「Topsy」の Twitter ボタンを設置しました

ブログに「Topsy」の Twitter ボタンを設置しました。
各ページの右上にある「Retweet」ボタンです。

- Topsy Labs » Topsy Retweet Button for Web Sites
-- http://labs.topsy.com/button/retweet-button/

Twitter にログインした状態でクリックすると、Twitter の発言フォームに RT しやすく記事のタイトルと URL が入力されるので、あとはコメントを付け足すなどして投稿するだけです。

便利。是非ご利用ください。

Topsy のボタンを設置するために必要なコードは「Make Your Buttons Load More Quickly」以下に記述されているコードからコピペしました。そのままでは微妙だったので、いじくって使っています。

最終的には、以下のようなコードを使っています。

<div class="topsy_widget_data" style="float: right; margin-left: 0.75em;"><script type="text/javascript">topsyWidgetPreload({ "url": "http://diary.overlasting.net/<TMPL_VAR name=url>", "title": "<TMPL_VAR name=header>", "theme": "blue", "nick": "overlast" });</script></div>


挙動については実際に、ボタンをクリックして確かめてください。

発言に含まれる URL のまとめページもあるようで、これもなかなか楽しい
です。
- Twitter profile for overlast (Toshinori Satou) - Topsy
-- http://topsy.com/twitter/overlast

人気のある URL と頻繁に共起するユーザには「インフルエンサー」の称号が与えられるのも、ユーザの RT を促進しそうで面白いです。

Topsy は Tweet の検索エンジンですが面白い方向に進化していきますね。次はどんな機能がつくのかな?今後の展開も楽しみです。

関連リンク


- Topsy - A search engine powered by tweets
-- http://topsy.com/

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-04 Tue

ブログの CSS をいじりはじめ

このブログは 2007 年以降、横幅 900px にあわせたデザインをしてから、全然いじくっていなかったのですが、耐えられなくなったのでいじることにしました。


from overlast using May 5, 2010

とりあえず、これがデザインを変更するまえです。どこまで変えられるでしょうか。

今日の夜([2010-05-04-1] )にDisqus のコメントをくっ付けたら、その直後から妙にやる気が出てきたみたいです。

新しい機能を追加したり、不要な機能を削除したりするのを、定期的に行なうことは、デザインを少しずつ洗練するのに大切なのかもしれませんね。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-04 Tue

「Disqus」というコメントシステムを使い始めた

長らくこのブログのコメント機能とトラックバック機能は死んでいました。

今日になってコメント機能が使えないのがもったいない気がしてきたので、自分の力で頑張らなくてもコメントを保存してもらえるサービスを使うことにしました。

どんなサービスを使うか迷いましたが、友人のブログで Disqus を使っていることが多かったので、僕も Disqus を使ってみることにしました。

Disqus は「コメントの投稿受付」、「投稿の承認」、「スパム処理」を受け持ってくれるサービス。以前使っていた、くっつき BBS はコンパクトで設置しやすかったですが、スパムコメントを手で削除する必要があり、めんどくさかったです。その苦労から解放されるのは嬉しいです。

Disqus を使っていると、コメントがスレッド表示になるので、複雑な議論もしやすそうです。

Disqus のアカウントを作ったうえでコメントしてもらえた場合は、そのコメントに対する評価はコメントの投稿者に紐づいて、別のブログの記事にコメントする時の信頼度として反映されるのだそうです。すばらしいですね。

有名なブログツールやサービス向けにはプラグインが用意されています。僕が使っている chalow のようなマイナーなツールを使っている人は「Universal Code」というモードのコードを取得して、それをテンプレートに貼付けて使ます。テスト時にローカルでは表示の確認ができないのが少しツラかったです。
設置後にはこんな感じで表示になります。



このブログのコメント欄は、一応コメントを承認制にしてみました。なるべく速やかに承認するにします。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-04 Tue

iPhone と iPad で使える「MicroSim Adapter」が届いた

先日([2010-04-29-4])に 注文した「MicroSim Adapter」が届きました。

- MicroSim Adapter 3FF mini-UICC Shop
-- http://microsim-shop.com/


封筒を開けたら中に 5 個の「MicroSim Adapter」が小袋に入っていました。他に領収書も手紙も無し。すばらしいです。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

実際に、このアダプタを iPhone の SIM のトレイに乗せてみたらピッタリサイズ。これならSIMが中に入らなくて困る事は無さそうです。

気になっていた、「普通サイズの SIM をトリミングして作った自作の Micro SIM が iPad の 3G 通信に使えるかどうか」という疑問は「使える!」と言って問題無さそうです。

海外のブログに T-Mobile の 3G SIM をハサミで切って、その後 iPad で使えることを披露している記事が、いくつかありました。

- iPad on T-Mobile EDGE with DIY Micro SIM
-- http://www.ipadinsider.com/ipad-on-tmobile-edge-diy-micro-sim/


iPhone と iPad 3GS のサポートしている周波数帯が同じなので、多分使えると思うし、ソフトバンクの場合には「smile.world 」という APN を指定すれば良いのかな。 楽しみになってきたなぁ。

でも、SIM カードの抜き差しを頻繁にするのは面倒だし、SIM の金属部分に負担がかかりすぎないか心配だし、咄嗟のときに以下のような感じで電話かけるのは嫌だな。

- iPad Can Make Call


iPad を買ったら、マイク付きイヤホンを使って電話することが多くなりそうだし、SIM を抜き差しするのが煩わしくなって NTT のミニ SIM を買っちゃうかも。

関連エントリ

[2010-05-04-3] ブログの CSS をいじりはじめ
[-] 1
投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-03 Mon

笑っていることが少なくなったら目標を立て直す

「目標を立て、その目標を達成するための動作をする」というのは物事を円滑に成すためにやったほうが良い作業の一つです。


from overlast using Canon EOS Kiss X2

ですが、例えば「全くやりたくないし、メリットも無いし、やる意味も無いことをやる必要があった場合」や「目標は素晴らしいし望んでいるけれど、目標が高過ぎて精神的・肉体的・経済的に厳しい場合」には「目標を達成するための動作」をする際に笑顔が消えてしまうものです。

そのような場合には「一旦、目標を立て直す」のが大切だと思います。

やりたくない目標を達成する必要がある状況を心身に負担をかけず打開するには「目標を潰す」か「自分を変える」かをする必要があります。なので、「目標を潰すにはどうするか」や「自分の内面を目標に適応するにはどうすれば良いのか」を考えるべきでしょう。

目標が高すぎることが辛い場合には、その目標を達成するための大きめな目標を立て、目標の達成を目指すのが建設的です。

大きな目標の達成を目指して、細かすぎる目標を立てるとゴチャゴチャするので、大きめな目標だけ見据えて目の前のことに集中するしかないかな、と思います。

「笑っていることが少なくなった」ときに、自分がやるべき事をまとめると以下のようになります。

while (「笑っていることが少なくなった」== true) {
  「理想的な大きな目標を達成する際の障害を明らかにする」
  ↓
  「即刻、障害を無くすのに必要な大きめな目標を立てる」
  ↓
  「目標達成を目指して、やる」
  ↓
  「理想的な目標に取りかかるために必要な用件をクリアする」
}
↓ 
「理想的な大きな目標を(再度)立てる」
↓
「目標達成を目指して、やる」


目標と自分が釣り合っているときは、一時的に厳しい状況になっても日々が充実していると思います。そのため長期間「俺、最近笑ってないわ」と思い続けることは少ないと思います。

どんなに立派な目標を達成しても、自分が笑えない状況が続いたあとは、自分自身も自分の周りの人間関係もボロボロになってしまいます。

毎日毎日、おおむね笑顔でいられる状況を作り出したり物事を選択したいです。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-03 Mon

BumpTop Free がダウンロードできるのは今週だけ

BumpTop という 3D デスクトップのアプリがあるのですが、Google に買収されたために有償版の販売は終了し、無償版の配布も今週で終了するのだそう。

- Google、3DデスクトップのBumpTopを買収
-- http://japanese.engadget.com/2010/05/02/google-3d-bumptop/

3DデスクトップのBumpTopが、Googleにより買収されたことを発表しました。BumpTop はデスクトップを奥行きのある仮想3D空間に見立て、ファイルを実際の書類のように積み上げる・壁に貼る・放り投げるといった操作で整理するアプリ。今年1月にはMac OS X版がリリースされたばかりですが、買収にともないWindows版・OS X版ともに販売が終了します


ダウンロードは以下のページから。


- BumpTop Free Download
-- http://bumptop.com/download.php

BumpTop が出た当時に無料版をダウンロードして試したあと「自分には合わない」と思い使わなくなりましたが、せっかくなので Free 版を試してみました。



独特のデスクトップ表示は変わらず。パーティション付きの机に座っているかのようなデスクトップ。高さや加速度を活かした表現は新鮮でハマる人はハマるのかな。以前よりも表示がスムーズで重くてやってられない感じは無くなりました。

Google が買収したということは、この 3D なデスクトップが Chrome OS あたりに出てくるってことでしょうか。。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-03 Mon

夕方の森の里をブラブラ

鯉のぼりを見たあと、夕方で空気も良い感じなので森の里をさらに散策。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

駅前のスーパーでは小学生が遊びまくっており大変微笑ましかったです。僕もああいう風に、どこでも登って遊んでいたので懐かしい。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

いまの季節は藤棚が綺麗。いつ以来だろう。多分、近所の団地の集会場にある藤棚を眺めて以来見ていなかったので、こんなにジッと見るのは10年ぶりくらいでは。藤の花は独特の香りで、匂いを嗅ぐと小さい頃を思い出します。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

木に実がなっていたので、何の木かなと思ったら梅の木。このあたりは梅の季節も良い感じなんですね。ふむふむ。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

今日はたくさん散歩したなぁ。

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-03 Mon

第22回 森の里鯉のぼり祭

実家の近くでやっていた「森の里鯉のぼり祭」に行ってきました。森の里の4丁目の自治会の人がやっているみたいです。自治会だけでこんなことできちゃうんですね。。。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

お祭りと言っても出店が出ている訳ではありません。大量の鯉のぼりが風になびいているのです。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

鯉のぼりは上から見るとそんなに迫力が無いです。でも下からみると良い感じです。長時間眺めていても飽きません。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

しばらく眺めていると、鯉のぼりが一つ一つ個性的で、制作された日付もまちまちっぽいことに気がつきました。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

金太郎が乗っかっている鯉のぼりもあります。

すごく昔に相模川の鯉のぼりは見た事があるのですが、それ以来の大量の鯉のぼりでした。なかなか良いです。また来年も見られますように。

関連リンク


- 森の里四丁目のホームページ
-- http://www002.upp.so-net.ne.jp/morinosato4/

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-03 Mon

新宿駅の地下道で東京藝大生がガムテープアートを作成中

東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」のメトロプロムナードで、東京藝大生がガムテープアートを作成していました。現在絶賛作成中の模様。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

「エアロフィット」というコクヨの新商品のガムテープを使って壁に絵を描くのだそうです。黒・白(半透明)・茶の3色のガムテープを使って重ね貼りと切り貼りをしていくのだそうです。気が遠くなりますね。

- のりがつきにくいハサミ<エアロフィット>で挑戦!-コクヨS&T-
-- http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/scissors/airofit/campaign/

○制作・掲出期間 :2010年5月3日(月・祝)~2010年5月16日(日)
○制作場所 :東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」メトロプロムナード 壁面広告掲出面
○制作概要 :東京藝術大生が「エアロフィット<グルーレスタイプ>」を使い、市販ガムテープを切り貼りし、アート制作。
○制作サイズ :高さ約2m×幅約8.7mの壁面広告板


ギャラリーは結構多いのですが、学生さんはすごい集中力で絵を描き続けます。格好いいす。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

間近でみるガムテープ絵はかなり迫力がありました。形を構成する線が、ペンや筆で単純に書くよりも、ものすごく複雑になるからではないでしょうか。

5/16 まで展示されるみたいなので、新宿の地下道を通ったときに眺めてみてください。

エアロフィット 糊が付きにくいハサミ

[Amazonで詳細を見る]

# テープと同じシリーズの糊が付きにくいハサミを使っているそうです。

関連リンク


- ガムテープアートのすべてに密着レポート - コクヨS&T

- Mark Khaisman
-- http://www.khaismanstudio.com/
# ガムテープアートの大家

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |

2010-05-03 Mon

上野公園へ

今日はちょっと上野公園に用事があったので行ってきました。

上野駅の構内は上野動物園と美術館に行く人で一杯。なかなか駅から出られません。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

駅から公園の中に入ったあとも人だらけ。特に動物園に吸い込まれていく人の量が異常です。動物園の中はどうなってるんでしょうか。

用事が終わったあと、木陰で一休み。上野公園にはGWに3年連続で来ていますが、やっと晴れましたね。去年もおととしも大雨で泣きそうでした。今年は気持ちよい天気で最高です。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

それにしても桜の木の下にいると、すごく量の桜の花のガクが落ちてきます。1時間くらい座ってノンビリしていました。

帰り道で、公園の入り口近くの東京文化会館前で子供が水の中を見ているのに気がつきました。


from overlast using Panasonic DMC-FX100

水を覗くと、ものすごい量の金魚がいます。しかも大きさがまちまち。誰かが金魚を逃がしてるのでしょうか?

関連リンク


- 上野観光情報サイト│上野観光連盟
-- http://www.ueno.or.jp/

投稿者:としのり  日時:23:59:59 | コメント | トラックバック |